淀橋(読み)よどばし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

淀橋
よどばし

東京都新宿区西部にある旧町名。旧区名。現在の西新宿2・4~6丁目にあたる。淀橋浄水場は 1965年廃止され,その跡地に公園やホテル,企業などの高層ビルが林立,ビジネス街を形成している。 91年には超高層ビルの都庁舎が建設され,丸の内から移転した。地名は地区の西端を流れる神田上水にかかる橋名から起った。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

淀橋【よどばし】

東京都の旧区。1947年旧牛込区,四谷区と合併,新宿区となった。副都心新宿大久保戸塚高田馬場落合などの地区を含む住宅地区。新宿駅西方の淀橋浄水場は1965年廃止され,その跡は公園とビル街になり,1991年都庁舎が完成した。神田上水に同名の橋がかかる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

よどばし【淀橋】

東京都新宿区西部を占める地区。旧区名。かつて淀橋浄水場があり、その跡地を中心に高層ビル群が建ち並び、新宿副都心が形成された。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

淀橋
よどばし

東京都新宿区西部、JR新宿駅を中心とする地区で、旧区名。1947年(昭和22)牛込(うしごめ)、四谷(よつや)の両区と合併して新宿区をつくり、淀橋区は消滅した。旧区域の西端、境界をなす神田(かんだ)上水が青梅(おうめ)街道をよぎる所に架かる淀橋が地名のおこり。江戸時代は寂しい地で、十二社(じゅうにそう)弁天池は郊外の散策地であった。その池は埋め立てられ淀橋浄水場となっていたが移転し、1965年以降、新宿副都心として再開発され、超高層ビル街へと変容した。「淀橋」の地名は淀橋区の消滅後、1970年まで新宿区の町名として用いられていたが、同年西新宿1~8丁目となり、行政地名としては用いられなくなった。[沢田 清]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

よど‐ばし【淀橋】

[一] 東京都新宿区南西部の神田上水にかかる橋。面影の橋。姿見ずの橋。
[二] 旧東京市三五区の一つ。青梅(おうめ)街道が東西に走る。昭和七年(一九三二)東京市の市域拡張に伴い、豊多摩郡の淀橋・大久保・戸塚・落合の四町が合併して成立。同二二年牛込区・四谷区と合併して新宿区の西部となる。JR・私鉄・地下鉄の新宿駅があり、現在は新都心として東京都庁舎など超高層ビルが林立する。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

淀橋の関連情報