三大秘法(読み)さんだいひほう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三大秘法
さんだいひほう

日蓮の唱えた説。日蓮が佐渡に流されたのちに唱えたもので,日蓮が説き明かすまでは秘密とされた三大法門という。本門の三法門,三秘密の法,宗旨の三秘,宗致の三秘などともいい,略して三秘という。本門の本尊題目戒壇の3つをいう。本門の本尊とは,超時間的な久遠の本仏であるとされる。本門の題目とは,「南無妙法蓮華経」のこと。本門の戒壇とは,題目を称えるときは自然と具足戒を守ることになるから,題目を称えるところが受戒の壇場であることをいう。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

さん‐だいひほう〔‐ダイヒホフ〕【三大秘法】

日蓮宗で、本門の本尊、本門の題目、本門の戒壇の三つをいう。本尊とは法華経で明らかにされた久遠(くおん)の釈迦牟尼仏、題目とは南無妙法蓮華経の7字、戒壇とは本尊を礼拝し、題目を唱える場所を意味する。三秘。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

さんだいひほう【三大秘法】

〘仏〙 日蓮宗でいう三つの秘法。法華経の本門に説かれた本尊(久遠実成くおんじつじようの釈迦牟尼仏)、本門の題目(南無妙法蓮華経の七字)、本門の戒壇(本尊を礼拝し題目を唱える儀場)をいう。三秘。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

さんだい‐ひほう ‥ヒホフ【三大秘法】

〘名〙 仏語。日蓮宗で、法華経の本門寿量品によって宗の極致とした、三つの秘密の法門。本門の本尊、本門の戒壇、本門の題目の三つで、本門の本尊とは久遠実成の釈迦牟尼仏で、十界勧請の大曼荼羅として現わされるもの、本門の題目とは南無妙法蓮華経の七字、本門の戒壇とは本尊に帰依して題目をとなえるとき、おのずから戒行がそなわり、妙行が実践されるところをいう。ただし本門の戒壇については別の理解がある。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる