コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三好豊一郎 みよし とよいちろう

2件 の用語解説(三好豊一郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三好豊一郎 みよし-とよいちろう

1920-1992 昭和時代の詩人。
大正9年8月25日生まれ。鮎川信夫らとまじわり,戦時下に詩誌「故園」を発行。昭和22年「荒地(あれち)」創刊に参加。24年刊の第1詩集「囚人」は戦後詩の先駆をなした。58年「夏の淵(ふち)」で高見順賞。平成4年12月12日死去。72歳。東京出身。早大専門部卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

三好豊一郎
みよしとよいちろう
(1920―1992)

詩人。東京・八王子市生まれる。早稲田(わせだ)大学専門部政治科卒業。1947年(昭和22)友人鮎川信夫(あゆかわのぶお)らと『荒地(あれち)』を創刊した。年刊『荒地詩集』などに詩作を発表し、第二次世界大戦後の詩の先導的役割を担った。詩集に『囚人』(1949)、『小さな証(あか)し』(1963)、『三好豊一郎詩集』(1970)などがある。『囚人』所収の「蒼(あお)ざめたVieの犬」は、人間存在の内部と外部を重ね、詩法の出発点を示した。『夏の淵』(1983)で高見順賞を受賞。そのほか、詩集に『林中感懐』(1978)、『寒蝉(かんせん)集』(1989)、詩論などに『蜉蝣(かげろう)雑録』(1976)、『近代詩人論 内部の錘(おもり)』(1980)、『幻華山房漫筆』(1984)、児童書に『かっぱの伝説』(1989)などがある。[角田敏郎]
『『現代日本詩集16 小さな証』(1963・思潮社) ▽『三好豊一郎詩集』(1970・思潮社) ▽『Spellbound 三好豊一郎詩集』(1975・落合書店) ▽『三好豊一郎詩集』(1975・サンリオ出版) ▽『林中感懐』(1978・小沢書店) ▽『近代詩人論 内部の錘』(1980・小沢書店) ▽『夏の淵 詩集』(1983・小沢書店) ▽『幻華山房漫筆』(1984・小沢書店) ▽『寒蝉集 詩集』(1989・書肆山田) ▽久米宏一絵『絵本・どうぶつ伝説集 かっぱの伝説』(1989・すばる書房) ▽『蜉蝣雑録』(1993・小沢書店) ▽黒田三郎著『三好豊一郎』(『現代の詩と詩人』所収・1974・有斐閣選書) ▽加島祥造編著『寄友』(2000・書肆山田) ▽岡本勝人著『ノスタルジック・ポエジー――戦後の詩人たち』(2000・小沢書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

三好豊一郎の関連キーワード杜詩上田敏雄緒方昇加藤一夫菊岡久利木村好子近藤東佐川英三沢ゆき正富汪洋

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone