コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蜉蝣/蜻蛉 カゲロウ

デジタル大辞泉の解説

かげろう〔かげろふ〕【蜉蝣/蜻蛉】


《飛ぶ姿が陽炎(かげろう)の立ちのぼるさまに似ているところからの名》カゲロウ目の昆虫の総称。体は繊細で、腹端に長い尾が2、3本ある。翅(はね)は透明で、幅の広い三角形。夏、水辺の近くの空中を浮かぶようにして群れ飛ぶ。幼虫は川中の礫(れき)上や砂中に1~3年暮らす。成虫は寿が数時間から数日と短いため、はかないもののたとえにされる。糸遊(いとゆう)。
(蜻蛉)トンボ古名 秋》
「―なんどのやうにやせおとろへたる者よろぼひ出できたり」〈平家・三〉
(蜻蛉)源氏物語第52巻の巻名。薫大将、27歳。浮舟失踪(しっそう)と、その後の薫を描く。

ふ‐ゆう〔‐イウ〕【××蝣】

カゲロウのこと。
1が朝に生まれて夕べに死ぬといわれるところから》人生のはかないことのたとえ。
「―の微命、もとより死を畏れず」〈露伴運命

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ふゆう【蜉蝣】

カゲロウ。
〔カゲロウが朝に生まれ夕べに死ぬということから〕 人生のはかないことのたとえ。 「 -の命」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

蜉蝣 (カゲロウ)

動物。カゲロウ目の昆虫の総称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

蜉蝣/蜻蛉の関連キーワード三好豊一郎蜉蝣・蜻蛉カゲロウ類気管えら蜉蝣の命かげろう勝地涼動物朝顔陽炎蜻蛉

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android