コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鮎川信夫 あゆかわのぶお

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鮎川信夫
あゆかわのぶお

[生]1920.8.23. 東京
[没]1986.10.17. 東京
詩人,評論家。兵役のため 1942年早稲田大学英文科中退。 37年頃から詩誌『LUNA』などに作詩を発表していたが,『荒地創刊 (1947) 以後同誌の主導的位置を占めた。テーマの多様性,感情領域の広さを示す詩と詩論を展開,新時代の人間苦を表現する詩人として注目された。主著鮎川信夫詩論集』 (64) ,『鮎川信夫全詩集』 (65) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

あゆかわ‐のぶお〔あゆかはのぶを〕【鮎川信夫】

[1920~1986]詩人・評論家。東京の生まれ。本名、上村隆一。「荒地」創刊に参加。作詩と詩論の両面にわたり、戦後詩の代表者の一人となる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

鮎川信夫【あゆかわのぶお】

詩人。本名上村隆一。東京生れ。早稲田大学英文科中退。1937年中桐雅夫編集の詩誌《LUNA》,1938年村野四郎らの《新領土》に参加,1939年森川義信らと詩誌《荒地》を創刊した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鮎川信夫 あゆかわ-のぶお

1920-1986 昭和時代の詩人,評論家。
大正9年8月23日生まれ。昭和12年ごろから詩誌「LUNA(ルナ)」「新領土」に参加。22年田村隆一らと詩誌「荒地(あれち)」を,26年「荒地詩集」を創刊し,戦後詩の中心的役割をになった。晩年は評論家としても活躍。「鮎川信夫著作集」「鮎川信夫詩集」がある。昭和61年10月17日死去。66歳。東京出身。早大中退。本名は上村隆一。
【格言など】多くの兵士は いくたびか死に いくたびか生きかえってきた(「神の兵士」)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あゆかわのぶお【鮎川信夫】

1920~1986) 詩人・評論家。東京生まれ。本名、上村隆一。早大英文科中退。戦後「荒地」を創刊。戦争体験の内面化を課題とする。作「死んだ男」「現代詩とは何か」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鮎川信夫
あゆかわのぶお
(1920―1986)

詩人。大正9年8月23日東京・小石川に生まれる。本名上村隆一。早稲田(わせだ)大学英文科に進み、1939年(昭和14)森川義信(よしのぶ)らと詩誌『荒地(あれち)』を創刊。1942年大学中退後、東部七連隊に入隊。1945年(昭和20)福井の傷病軍人療養所で、戦争世代の思想的証言といわれる『戦中手記』(1965刊)を書く。1947年発表の『死んだ男』は、戦後詩の出発を告知するもので、詩壇における位置を確定した。同年、北村太郎、田村隆一、三好豊一郎(とよいちろう)らと詩誌『荒地』(第二次)を創刊(翌1948年6号で終刊)。1951年よりアンソロジー『荒地詩集』を刊行、巻頭に「現代は荒地である」という有名なマニフェスト「Xへの献辞」を布置している。1955年に『鮎川信夫詩集』を出し、1965年には全作品を集めた『鮎川信夫全詩集』を上梓(じょうし)、戦後詩の核心が明確になった。詩集『宿恋行(しゅくれんこう)』(1978)は自己の変容を凝視した傑作。『鮎川信夫著作集』は激動の時代を生きた詩人の思索のあとを明示している。昭和61年10月17日没。[首藤基澄]
『『鮎川信夫著作集』全10巻(1973~1976・思潮社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の鮎川信夫の言及

【荒地】より

…《文芸思潮》と改題し,40年12月,6号を刊。鮎川信夫(1920‐86),山川章(森川義信)らが中心であった。誌名はイギリスの詩人T.S.エリオットの詩《荒地The Waste Land》に由来する。…

※「鮎川信夫」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

鮎川信夫の関連キーワードバローズ(William Seward Burroughs)リザ ロウイッツ荒地(詩同人誌)森川 義信鮎川 信夫石原 吉郎高野喜久雄田村 隆一谷川俊太郎三好豊一郎朝吹亮二松浦寿輝吉本隆明北村太郎高橋睦郎Yの悲劇粟津則雄田村隆一神山睦美黒田三郎

鮎川信夫の関連情報