コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三教会同 さんきょうかいどう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三教会同
さんきょうかいどう

日本の神道仏教キリスト教各派が集って,国民道徳の向上のため協力を約した会合。内務次官床次竹二郎が提唱したもので,政府の企画,後援によって実現した。床次は,ヨーロッパにおいて宗教が大きな社会的感化力と指導力を発揮していることを知り,日本においても宗教の力を借りて危険思想を防ぎ,社会秩序の安定をはかろうとして,広く宗教界に呼びかけた。 1912年2月 25日華族会館で行われた会同には,神道 13派代表 13名,仏教 14宗代表 50名,キリスト教からは,メソジスト,組合教会,バプテスト,日本基督教会,聖公会天主公教 (カトリック) の各代表が出席した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

さんきょうかいどう【三教会同】

明治政府による神道・仏教・キリスト教代表者の会同。日露戦争後の社会的矛盾の激化,富国強兵の国民的合意の風化に対し,政府は過激思想を弾圧し,家族国家観による国民教化にとりくんだ。内務次官床次(とこなみ)竹二郎は欧米視察で宗教の感化力の大きさを知り,日本の諸宗教を国民教化に協力させようとし,政府当局や宗教団体を説得し,この会同を実現した。1912年2月25日内務大臣原敬は政府関係者とともに教派神道13名,仏教諸派51名,キリスト教7名の代表者と懇談し,国民道徳振興への協力を求めた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

三教会同の関連キーワード千葉勇五郎本多庸一