三有(読み)さんぬ

大辞林 第三版の解説

さんう【三有】

〔「さんぬ」とも〕
〘仏〙
欲界・色界・無色界の三界のこと。また、三界に生きるもの。
現在の生である本有ほんう、次の生である当有とうう、その中間の状態である中有ちゆううの総称。 →

さんぬ【三有】

〔「さんう(三有)」の連声〕
〘仏〙
三界」に同じ。
現在と未来の間の生存を三種に分けたもの。現在の本有、未来の当有、本有と当有の中間の中有。 →

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

さん‐う【三有】

〘名〙 (普通、連声(れんじょう)で「さんぬ」と発音する) ⇒さんぬ(三有)

さん‐ぬ ‥ウ【三有】

〘名〙 (「さんう」の連声。「有」はbhava の訳で、有情としての存在、または生存の意) 仏語。
① 欲界・色界・無色界の三界のこと。欲有・色有・無色有の総称。三界(さんがい)
※勝鬘経義疏(611)一乗章「凡夫向三有善」 〔釈氏要覧‐中〕
衆生が、生まれるとき、死ぬとき、再び生まれ変わるまでの三つ。すなわち、生有・死有・中有の総称。
③ 現世の存在である本有と来世の存在である当有と、この二つの中間的存在である中有との三つ。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

三有の関連情報