コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三木善八 みき ぜんぱち

2件 の用語解説(三木善八の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三木善八 みき-ぜんぱち

1857*-1931 明治-大正時代の新聞経営者。
安政3年12月25日生まれ。神戸,大阪で新聞の営業にたずさわったのち,明治19年矢野竜渓にまねかれ郵便報知新聞社にはいる。27年社主となり,新聞名を「報知新聞」と改題。大衆化路線,直営販売店の創設,夕刊発行などにより同紙を東京屈指の有力紙にそだてた。昭和6年3月7日死去。76歳。淡路(あわじ)(兵庫県)出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

三木善八
みきぜんぱち
(1857―1931)

新聞経営者。安政(あんせい)3年12月25日淡路(あわじ)島に生まれる。『淡路新聞』『神戸新報』『大阪新報』の営業に関係したのち上京、矢野文雄(1850―1931)が『郵便報知新聞』の大改革を企てたとき、懇望されて1886年(明治19)9月入社、営業を助けた。1890年代に入り大隈重信(おおくましげのぶ)から経営を一任されると、1894年12月、題号を『報知新聞』に改題、高等絵入り新聞をうたって紙面を読者本位の型に切り替えた。さらに直営販売店を創設、色刷り輪転機を導入、夕刊を発行するなど、着々と改良に成功、明治末から大正期にかけて都下第一の新聞に育てあげ、「新聞経営の神様」といわれた。1924年(大正13)顧問となり、昭和6年3月7日没。[春原昭彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

三木善八の関連キーワード青山元穴沢祐造上総一志方鍛高橋善一寺田利吉野沢重吉牧野貞寧松宮幹樹大正時代美術

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone