コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三極管 さんきょくかんtriode

翻訳|triode

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三極管
さんきょくかん
triode

陽極陰極のほかに電子流を制御する格子を備えた真空管。普通は格子を負電位 (バイアス電圧) として使用する。この負バイアス電圧に重畳させて交流電圧を加えると,それに応じて陽極電流が変化する。陽極に十分大きな抵抗を用いて直流電流を流しておくと,入力格子交流電圧より大きな出力陽極交流電圧が得られる。格子には負バイアスが加えられているので,電流が流れず,したがって入力交流電力は格子で消費されず,エネルギー的にも増幅作用がある。ラジオ,テレビジョンその他の通信装置の増幅・発振などに用いられたが,トランジスタが発明された現在では,大電力など特殊な用途以外あまり使用されなくなった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

三極管【さんきょくかん】

陽極,陰極,制御グリッドの3個の電極をもつ真空管。増幅,発振,検波などの作用を行う。1906年デ・フォレストにより考案されて以来四極管・五極管と発展,トランジスターに替わるまで電子装置の中心となってきた。
→関連項目複合管ベースマジックアイ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典内の三極管の言及

【電子管】より

…基礎となる電子の性質や電子放出については19世紀末からいくつかの発見や研究があったが,最初の電子管はJ.A.フレミングが1904年に発明した二極管である。次いでL.デ・フォレストが06年三極管を発明したが,これは人類が初めて作った能動素子(増幅作用のある素子)であり,今世紀前半の無線・有線通信や電子工学の大発展の直接の原因となった。さらに三極管を改善した四極管,五極管などが次々に発明され,このうち小型(小電力)のものは一般に真空管vacuum tubeと呼ばれ,ラジオ放送開始(日本で1925年)以後,受信機用として多く作られた。…

※「三極管」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

三極管の関連キーワードアームストロング(Edwin Howard Armstrong)エレクトロニクス史(年表)バルクハウゼンクルツ振動B.ジュリアン トムソン電界効果トランジスタカソードホロワ回路エレクトロニクスアームストロング真空マイクロ素子真空管の三定数バルクハウゼンエミッターブラウン管コレクタードフォレ電子銃受信管

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

三極管の関連情報