三正(読み)サンセイ

デジタル大辞泉の解説

さん‐せい【三正】

《「書経」甘誓から》天・地・人の、三つの正しい道。
《「礼記」哀公問から》君臣の義、父子の親、夫婦の別の三つが正しく守られていること。
中国古代の暦の上での3種の正月で、子・丑・寅をいう。夏(か)では建寅の月(のちの陰暦正月)、殷(いん)では建丑の月(陰暦12月)、では建子の月(陰暦11月)を正月とした。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

さんせい【三正】

〔書経 甘誓〕 天・地・人の正道。三才。
〔礼記 哀公問〕 三綱の道が正しく行われること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

三正の関連情報