コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三正 サンセイ

デジタル大辞泉の解説

さん‐せい【三正】

《「書経」甘誓から》天・地・人の、三つの正しい道。
《「礼記」哀公問から》君臣の義、父子の親、夫婦の別の三つが正しく守られていること。
中国古代の暦の上での3種の正月で、子・丑・寅をいう。夏(か)では建寅の月(のちの陰暦正月)、殷(いん)では建丑の月(陰暦12月)、では建子の月(陰暦11月)を正月とした。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

さんせい【三正】

〔書経 甘誓〕 天・地・人の正道。三才。
〔礼記 哀公問〕 三綱の道が正しく行われること。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

三正の関連キーワード正規化 (データベース)カーマスートラ旅川弥右衛門木下 八百子ジャイナ教第三正規形宝蔵院流永野 賢塚本明毅松平忠昌大槻清準中根元圭杉田壱岐正規化森義豊三統暦三綱正道

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

三正の関連情報