三河国分尼寺跡(読み)みかわこくぶんにじあと

国指定史跡ガイドの解説

みかわこくぶんにじあと【三河国分尼寺跡】


愛知県豊川市八幡町にある寺院跡。豊川市街地の東南方、踊山(おどりやま)丘陵の八幡(やわた)台地東北端に位置し、奈良時代の741年(天平13)に聖武天皇の詔勅により、全国に造られた国分尼寺の一つである。寺域はおよそ150m2で全国の国分尼寺跡としては最大級の規模であり、三河国分寺とともに建立された。1922年(大正11)に国の史跡に指定されたが、1967年(昭和42)の農地改良事業にともなう発掘調査の結果、東部に金堂の礎石や南北一直線に並ぶ主要伽藍(がらん)が発見され、南大門や東回廊の一部が指定地外にあることが判明したため、1972年(昭和47)に追加指定された。なお、伽藍は南北線上に南大門や中門、金堂、講堂が配置され、南の中門から延びる回廊は複式回廊で北の講堂につながっている。複式回廊はほかに例がなく、珍しいものである。現在は三河国分尼寺跡史跡公園として整備されており、朱塗りの中門と回廊の一部が実物大の建物として復元されている。三河国分尼寺は平安時代末期ごろに荒廃したと考えられ、現在その寺域には曹洞宗の清光寺が建っている。名鉄名古屋本線国府(こう)駅から徒歩約25分。

出典 講談社国指定史跡ガイドについて 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android