コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三温糖 サンオントウ

デジタル大辞泉の解説

さんおん‐とう〔サンヲンタウ〕【三温糖】

《「三温」は三度煮詰める意か》白砂糖を作った後に残る糖蜜から作った砂糖黄褐色でやや湿り気がある。純度は低いが味は濃く、煮物などに向く。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

さんおんとう【三温糖】

車糖くるまとうの一。中白糖より精製度が低く、色は褐色。煮物などに使用。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の三温糖の言及

【砂糖】より

…転化糖含量が高いため甘みを強く感じるが,最近はほとんど生産されていない。(6)三温糖 中白糖よりもさらに純度が低く,また灰分などを多く含んでいるので,中白糖よりも色が濃く薄茶色で特有の風味をもっており,煮物やつくだ煮などに使われる。 (7)角砂糖 グラニュ糖を四角に固めたもので,コーヒー,紅茶などに用いられる。…

※「三温糖」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

三温糖の関連キーワード大日本明治製糖(株)和田製糖赤砂糖白糖車糖褐色

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

三温糖の関連情報