コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

車糖 くるまとう soft sugar

5件 の用語解説(車糖の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

車糖
くるまとう
soft sugar

精製糖の1種。日本でつくられている精製糖は,(1) 精製粗目 (ざらめ) ,(2) グラニュー糖,(3) 精製中粗,(4) 上白,(5) 中白,(6) 精製三温の6種類に分けられるが,結晶粒径の大きい粗目に対して,粒径が非常に微細である (4) ~ (6) を車糖という。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

くるま‐とう〔‐タウ〕【車糖】

精製糖の中で、ざらめ糖グラニュー糖より結晶の小さい砂糖。上白糖・中白糖・三盆(さんぼん)のこと。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典の解説

車糖

 上白糖,中白糖など砂糖の細かい結晶の製品.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

くるまとう【車糖】

分蜜糖ぶんみつとうのうち、結晶粒が小さい精製糖。精製の度合により上白糖・中白糖・三温糖に分かれる。ソフト-シュガー。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

車糖
くるまとう

精製糖の一種で、上白糖、中白糖、三温糖がこのなかに入る。結晶が細かく感触がソフトなのでソフトシュガーともいう。固結しやすいので、防止のため、砂糖からつくった転化糖が2~3%加えられ、そのため、グラニュー糖より甘味度が強い。上白糖は、日常料理用として日本でよく使用されている。[河野友美・大滝 緑]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の車糖の言及

【砂糖】より

…近代工場で製造されるものは,遠心分離機を用いて,結晶と蜜(みつ)を分離するので分蜜糖と呼ばれ,黒砂糖の場合には,糖蜜分をもそのまま煮詰めて固めるために含蜜糖と呼ばれる。図に示すように,耕地白糖,精製糖のなかにも,それぞれ車糖(くるまとう),白ざら(双)糖などがある。
[製品の種類]
 砂糖製品は,結晶の大きさ,ショ糖含量,加工形態などによってひじょうに多くの種類がある。…

※「車糖」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

車糖の関連キーワード精製精糖製糖原料糖精製糖製糖業大日本製糖[株]浅田知定日本精製糖[株]新光製糖

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone