車糖(読み)くるまとう(英語表記)soft sugar

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

車糖
くるまとう
soft sugar

精製糖の1種。日本でつくられている精製糖は,(1) 精製粗目 (ざらめ) ,(2) グラニュー糖,(3) 精製中粗,(4) 上白,(5) 中白,(6) 精製三温の6種類に分けられるが,結晶粒径の大きい粗目に対して,粒径が非常に微細である (4) ~ (6) を車糖という。結晶粒が小さいため固結を起しやすく,これを防ぐために2~3%の転化糖液 (ビスコ) を分蜜機で添加してある。糖度は 94~96%。家庭用として広く使用され,あん,キャラメルなどの製菓用としても多量に消費されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

くるまとう【車糖】

分蜜糖ぶんみつとうのうち、結晶粒が小さい精製糖。精製の度合により上白糖・中白糖・三温糖に分かれる。ソフト-シュガー。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

車糖
くるまとう

精製糖の一種で、上白糖、中白糖、三温糖がこのなかに入る。結晶が細かく感触がソフトなのでソフトシュガーともいう。固結しやすいので、防止のため、砂糖からつくった転化糖が2~3%加えられ、そのため、グラニュー糖より甘味度が強い。上白糖は、日常料理用として日本でよく使用されている。[河野友美・大滝 緑]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

くるま‐とう ‥タウ【車糖】

〘名〙 精製糖の一つ。ざらめ糖に比べて結晶の小さな砂糖の総称で、家庭用や製餡、キャラメルなどに広く使われている。
※東京日日新聞‐明治二五年(1892)一月一六日「横浜に於ける車糖の好況

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の車糖の言及

【砂糖】より

…近代工場で製造されるものは,遠心分離機を用いて,結晶と蜜(みつ)を分離するので分蜜糖と呼ばれ,黒砂糖の場合には,糖蜜分をもそのまま煮詰めて固めるために含蜜糖と呼ばれる。図に示すように,耕地白糖,精製糖のなかにも,それぞれ車糖(くるまとう),白ざら(双)糖などがある。
[製品の種類]
 砂糖製品は,結晶の大きさ,ショ糖含量,加工形態などによってひじょうに多くの種類がある。…

※「車糖」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android