赤砂糖(読み)あかざとう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

赤砂糖
あかざとう

含蜜糖の一種。糖度 83%前後で,赤褐色の塊が混入しているが,舌ざわりがよく独特の風味を有する。台湾の小規模な製糖工場で古くからつくられている。サトウキビの茎を圧搾し,しぼり汁に石灰を加えて微アルカリ性にして煮る。浮き上がる滓 (かす) を除きながら煮沸濃縮を数回行なう。最後に杓子で攪拌し,砕きながら冷やすと粗粉状の砂糖ができる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

あかざとう【赤砂糖】

含蜜糖がんみつとうの一。粗い粉状で薄い褐色をした砂糖。赤糖。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

赤砂糖
あかざとう

砂糖の色からきた名称で、褐色の砂糖をこうよぶことがある。白砂糖に対するもので、中ざらめ糖(黄ざらめ糖)、三温糖、精糖する前の粗糖などが含まれる。[河野友美・大滝 緑]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

赤砂糖の関連情報