コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三重野康 ミエノヤスシ

百科事典マイペディアの解説

三重野康【みえのやすし】

日本銀行(日銀)総裁。東京都生れ。小学校卒業まで満州で育つ。東京大学法学部卒業後,日本銀行に入る。支店長・営業局長・理事などを経て,1984年に副総裁,1989年に第26代日本銀行総裁に就任した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三重野康 みえの-やすし

1924-2012 昭和後期-平成時代の銀行家。
大正13年3月17日生まれ。昭和22年日本銀行にはいる。課長時代から総裁候補といわれ,山一証券,安宅産業の経営危機に対処した。松本・大阪支店長をへて,53年理事。平成元年から6年まで総裁をつとめ,バブル退治にあたった。平成24年4月15日死去。88歳。大分県出身。東京帝大卒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

三重野康の関連キーワード日本銀行[株]金融引締め銀行家

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

三重野康の関連情報