コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上尾市(読み)あげお

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

上尾〔市〕
あげお

埼玉県中央東部,東の綾瀬川,西の荒川の間の大宮台地上にある市。 1955年上尾平方 (ひらかた) ,原市 (はらいち) の3町と大石,上平 (かみひら) ,大谷 (おおや) の3村が合体し,58年市制。中心市街地の上尾は江戸時代中山道の宿場町として発展。現在ではトラックなどの自動車部品,電気機械の工場が進出し,県下屈指の内陸型重工業地域を形成。西部の平方は江戸時代に荒川の河岸で栄えたところとして名高い。農村部は一般に畑作地帯で,施設野菜,果樹,花卉などが栽培されているが,首都圏の拡大に伴い大規模な住宅団地が建設され,宅地化が進展,農村風景は一変している。上尾運動公園,さいたま水上公園などのレクリエーション施設がある。 JR高崎線,国道 17号線が通る。面積 45.51km2。人口 22万5196(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

上尾市の関連情報