綾瀬川(読み)あやせがわ

  • あやせがわ〔がは〕

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

埼玉県桶川市を源流上尾、さいたま、川口草加八潮市などを通り、東京都葛飾区中川と合流する長さ47・6キロ。生活排水などで水質汚染が進み、水の汚れ具合を示す生物化学的酸素要求量(BOD)の数値が、国が管理している1級河川で1980年から15年連続で最下位となるなど「日本一汚れた川」とされた。 下水道整備や清掃活動など官民挙げての取り組みで水質は大幅に改善。BODは2015年には観測開始以来最も低い1リットル当たり2・7ミリグラム(最悪だった71年は97ミリグラム)まで下がり、全国で下から12番目となった。

(2016-12-22 朝日新聞 夕刊 1社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

デジタル大辞泉の解説

埼玉県東部を南東に流れる川。草加(そうか)市付近から南流して東京都足立区に入り、葛飾区で中川に合流する。長さ約48キロ。上流付近は農業用水として利用されている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

埼玉県南部と東京都東部の低平地を流下して上平井水門付近で中川(放水路)に合流する川。元荒川とともに昔の荒川の分流で,1629年(寛永6)元荒川が締め切られた時から独立の河川となった。長さ約40km。著しい緩流河川であるため,江戸時代は舟運が盛んで,戸塚河岸を初めとする多くの河岸場があった。近年沿岸の都市化が急速に進み,水質汚染も進んでいる。【籠瀬 良明】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

埼玉県東部を南流して、荒川に注ぐ川。一級河川。埼玉県桶川(おけがわ)市に源をもち、大宮台地を切って、ほぼ元荒川(もとあらかわ)に沿って流れ、草加(そうか)付近から南流、毛長(けなが)堀を合流し、さらに東京都葛飾(かつしか)区小菅(こすげ)で荒川に沿って南下し、東四つ木で、中川(放水路)に合流する。以前の荒川の分流で、延長は約47キロメートル。上流付近は農業用水として利用されるが、下流は沿岸の工場群や、家庭からの排水によって汚染されている。[中山正民]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で使用できる仮想通貨の一つ。日本円のような法定通貨とは異なり、通貨としての機能を持つ電子データであり、1ビットコインは、1BTCという単位で表記される。仮想通貨と似たものに、オンライン...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

綾瀬川の関連情報