コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

米沢彦八 ヨネザワヒコハチ

3件 の用語解説(米沢彦八の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

よねざわ‐ひこはち〔よねざは‐〕【米沢彦八】

落語家。
(初世)[?~1714]上方落語の祖。大坂の生玉(いくたま)神社境内で興行した仕方物真似で人気を博す。著作に「軽口御前男」「軽口大矢数」など。
(2世) 京都の落語家。祇園境内などで演じ、物真似芸にすぐれた。著作に「軽口福おかし」など。生没年未詳。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

よねざわひこはち【米沢彦八】

噺家。(1)初代(?‐1714(正徳4)) 元禄時代に大坂の生玉で軽口(かるくち)咄を演じて知られる。〈しかた物真似〉の名人でもあり,声色・身振りの模写や世相風俗の物真似を演じた。咄本として《軽口御前男》《軽口大矢数》を残した。大坂落語の祖といわれる。正徳4年6月3日に旅先の名古屋で急死。(2)2代(?‐1767(明和4)) 大坂の彦八の没後,京都にあらわれ,享保から明和にかけて約40年間活躍した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

よねざわひこはち【米沢彦八】

(初世)(?~1714) 大坂落語の祖。辻咄を行い、後には、生玉神社境内の小屋で仕方物真似を演じた。「軽口御前男」などを刊行し、「彦八」は落語家の別名となったほど著名。
(二世)(?~1767(8?)) 京の落語家。祇園の境内などで演じ、物真似芸にすぐれる。「軽口福おかし」などを刊行。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

米沢彦八の関連キーワード広済寺正徳正徳金銀狩野探牛清修鶴賀新内(初代)永井尚平鍋島元延光山七三郎三原十太夫(初代)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

米沢彦八の関連情報