コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

米沢彦八 ヨネザワヒコハチ

デジタル大辞泉の解説

よねざわ‐ひこはち〔よねざは‐〕【米沢彦八】

落語家。
(初世)[?~1714]上方落語の祖。大坂の生玉(いくたま)神社境内で興行した仕方物真似で人気を博す。著作に「軽口御前男」「軽口大矢数」など。
(2世) 京都の落語家。祇園境内などで演じ、物真似芸にすぐれた。著作に「軽口福おかし」など。生没年未詳。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

よねざわひこはち【米沢彦八】

噺家。(1)初代(?‐1714(正徳4)) 元禄時代大坂生玉で軽口(かるくち)咄を演じて知られる。〈しかた物真似〉の名人でもあり,声色・身振りの模写や世相風俗の物真似を演じた。咄本として《軽口御前男》《軽口大矢数》を残した。大坂落語の祖といわれる。正徳4年6月3日に旅先の名古屋で急死。(2)2代(?‐1767(明和4)) 大坂の彦八の没後,京都にあらわれ,享保から明和にかけて約40年間活躍した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

よねざわひこはち【米沢彦八】

(初世)(?~1714) 大坂落語の祖。辻咄を行い、後には、生玉神社境内の小屋で仕方物真似を演じた。「軽口御前男」などを刊行し、「彦八」は落語家の別名となったほど著名。
(二世)(?~1767(8?)) 京の落語家。祇園の境内などで演じ、物真似芸にすぐれる。「軽口福おかし」などを刊行。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

米沢彦八の関連キーワード上方落語の隆盛上方落語江戸落語噺本初世二世彦市

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android