コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

見台 けんだい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

見台
けんだい

日本音楽で用いている譜面台の称。謡曲浄瑠璃長唄箏曲などの分野で用い,各種目や流派ごとに,特有の形態がある。簡素な作りのものが多いなかに,浄瑠璃,ことに義太夫節の見は,きわめて豪華。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

けん‐だい【見台】

書見する台の意》書物をのせて読むのに用いる台。謡曲・浄瑠璃・長唄などの譜面をのせるのにも用いる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

けんだい【見台】

(1)書見台(しよけんだい)の略。斜めに書物をおいて,読むのに便利なようにした台(イラスト)。古くは正倉院に紫檀(したん)金銀絵書几(しよき)とよばれる奈良時代の書見台があり,これは肘木(ひじき)の両端に巻物をのせ,添木(そえき)に紙面をはさんで読めるくふうがなされている。見台の形が定型化したのははっきりしないが,室町時代のころとも思われ,現存の美作としては,桃山時代高台寺蒔絵(まきえ)風の東京国立博物館蔵秋草蒔絵見台,江戸初期の加賀の名工清水九兵衛作の和歌浦蒔絵見台などがあげられる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

けんだい【見台】

〔「書見台」の略〕
書物をのせて読む台。特に、謡曲・浄瑠璃・長唄などで、見ながらうたうために、詞章・節付けを記した本を開いてのせる台。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

見台
けんだい

書見(しょけん)の際に書物をのせる台で、書見台の略。書物をのせる部分が手前に傾いていて、見やすくしてある。古いものでは、正倉院に奈良時代の書見台が残っており、また桃山時代には蒔絵(まきえ)のりっぱなものもつくられた。一方、見台は、日本音楽の世界では、語り手、歌い手用の譜面台として、おもに謡曲(稽古(けいこ)のとき)、浄瑠璃(じょうるり)、長唄(ながうた)、琵琶(びわ)楽などで用いられている。形状は、種目、流派によりさまざまであるが、正座して使うので、高さは約30~40センチメートルのものが多く、音楽演奏の場に視覚的形式感を添えるのに役だっている。一般に浄瑠璃系の見台は装飾が凝っており、なかでも義太夫(ぎだゆう)節の見台は漆塗りで形も大きく、金蒔絵が施され、房飾りもついている。また常磐津(ときわず)節では、朱塗りの「たこ足」とよばれる見台が使われることもある。[由比邦子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

見台の関連キーワードちはや星と自然のミュージアム神奈川県川崎市高津区子母口和歌山県東牟婁郡太地町太地沖縄県宮古郡多良間村仲筋鳥取県鳥取市気高町八束水青森県下北郡東通村尻屋佐賀県唐津市浜玉町渕上神奈川県横浜市磯子区胞山県立自然公園東京女子体育大学伊豆スカイライン極楽寺ヒビキ遺跡落語の小道具和佐大八郎奈曽の白滝座敷浄瑠璃天守・天主ミナレット突ん棒漁業富士見台

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

見台の関連情報