上東遺跡(読み)じょうとういせき

世界大百科事典 第2版の解説

じょうとういせき【上東遺跡】

岡山県倉敷市上東,足守川が総社盆地を児島湾側に出た西岸平地にある弥生時代後期の遺跡。第2次大戦前地下げ工事で多数の土器が出土し,吉備地方弥生後期の典型的な土器として位置づけられてきた。遺跡は1972‐73年と75‐76年に発掘され,竪穴住居なども発見されたが,多数の完形品を収めた土壙が主である。発達した頸部に太い条線文(弥生中期後半の凹線文の退化したもの)を(へら)描きしたと大型器台が特徴的な土器で,上東式とよばれている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android