コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上目 ウワメ

デジタル大辞泉の解説

うわ‐め〔うは‐〕【上目】

顔を上げないで、目だけで上のほうを見ること。また、その目つき。「上目をつかう」⇔下目
秤竿(はかりざお)の上面にしるした星。また、その星を目盛りにしてはかること。少量をはかるのに用いる。⇔向こう目
物を容器ごとはかりにかけること。皆掛(かいが)け。
ある分量を超過すること。「一キロより少し上目だ」
すぐれていること。まさっていること。また、勝負事で、いい目。
「ひねってもひねっても二寸より―なく」〈浄・女楠〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

うわめ【上目】

上の方を見るときの目つき。 ↔ 下目しため 「 -をつかう」
秤竿はかりざおの上面の目盛り。ごくわずかの金銀を量るのに用いる。 ↔ 向こう目
かい掛け 」に同じ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

上目の関連キーワード棘鰭類(きょっきるい)ツノカメノコウワムシシオミズツボワムシムカシエビ(昔蝦)東京都目黒区大橋ディプテルス皆掛け・皆掛アミ(醬蝦)クジラウオリコプテラ目(もく)空目を使う押込み販売原棘鰭類側棘鰭類古昆虫学バコール全骨魚類正真骨類ALBM

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

上目の関連情報