コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上饒 じょうじょう

3件 の用語解説(上饒の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

上饒【じょうじょう】

中国,江西省北東部の都市。信江と広豊江の合流点にあたり,浙【かん】(せっかん)鉄路が通過する経済・交通の要地。カラムシ,茶,茶実油,石材などを集散。41万人(2014)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

じょうじょう【上饒 Shàng ráo】

中国,江西省東部の市。上饒地区の中心。人口31万(1994)。1949年,市が置かれたが,同名の県も郊区を管轄して存在する。南昌より東へ,信江をさかのぼって低平な分水嶺を越え,浙江へ至る河谷の上流に位置し,江西・浙江交通路上の,江西の門戸にあたる要衝。三国時代,呉が上饒県を置いたのに始まる。饒州(現,波陽県)の上流にあるところから名づけた。そののちしだいに開発がすすみ,唐・宋には信州,元には信州路の広域中心が置かれた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

上饒
じょうじょう / シャンラオ

中国、江西(こうせい/チヤンシー)省北東部の信江上流に沿う地区級市。波陽、広豊など10県を管轄し、徳興市の管轄代行を行う。総人口642万7158、市轄区人口34万3082(2000)。三国時代に呉(ご)が上饒県を設けて以来、同名の県が一時期を除いて存続してきた。1949年、同県から市街地を分離して上饒市が設置された。古来、江西省と浙江(せっこう/チョーチヤン)省を結ぶ水運上の要地で、現在も、浙(せっかん)鉄道に沿い、江西省北東部の物資集散と交通の中心地である。自動車修理組立て、電子機器、化学肥料、農業機械などの工業がある。市の南郊にある茅家嶺(ぼうかれい)の集中営跡は革命史跡の一つとなっている。[河野通博]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

上饒の関連キーワード潮来江西省中原西都潮州長汀臨海臨川ペトン寿地区

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

上饒の関連情報