下弓田遺跡(読み)しもゆみたいせき

世界大百科事典 第2版の解説

しもゆみたいせき【下弓田遺跡】

宮崎県串間市南方字狐塚にある縄文時代後期の遺跡。志布志湾に注ぐ福島川の河口付近に広がる砂丘地帯にある。1959年A,B2地点が調査され,B地点より本遺跡の主体となる市来式系土器群が出土した。層位は6層確認され,第2~第3層が安定した層位を示し,第2層を上層,第3層を中層,第4層以下を下層とした。出土した土器はいずれも貝殻条痕の施された土器であるが,下層の刺突文をおもに施し,口縁部が小さくくの字状に肥厚した土器を下弓田式,中層の口縁部がくの字状に幅広に肥厚し,貝殻腹縁による刺突文の盛行する土器を市来式,上層のくの字状口縁で肥厚せず,間隔の粗な貝殻腹縁による刺突文の施された土器を草野式として層位的に編年された。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android