コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

串間市(読み)くしま

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

串間〔市〕
くしま

宮崎県南端にあり,西は鹿児島県に接し,南西部は志布志湾に,南東部は太平洋にのぞむ市。 1954年福島町と大束,都井,本城,市木の4村が合体して市制。市域の大部分は低山性の山地で,中心市街地の西方 (にしかた) は豊臣秀吉の九州統一後は高鍋藩秋月氏の城下町となり,そののち高鍋藩の飛び領地として明治にいたる。温暖な気候により柑橘類,熱帯果樹の栽培,野菜の促成栽培が行われる。沿岸部では小規模な沿岸漁業,養殖漁業が行われる。東部の海岸地帯は日南海岸国定公園に属し,ソテツ自生地 (特別天然記念物) をはじめ,都井岬岬馬,野猿生息地幸島,石波の海岸樹林 (以上天然記念物) に多くの観光客が集る。 JR日南線,国道 220号線,448号線が通じる。面積 295.16km2。人口 1万8779(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

串間市の関連情報