下知(読み)ゲジ

デジタル大辞泉の解説

げ‐じ〔‐ヂ〕【下知】

[名](スル)《「げち」とも》
上から下へ指図すること。命令。
「―ヲ受ケル」〈和英語林集成
「四国の者共に、軍(いくさ)ようせよと―せよかし」〈平家・一一〉
下知状(げじじょう)」の略。
「鎌倉殿御―を添へて遣はさる」〈義経記・八〉

げ‐ち【下知】

[名](スル)げじ(下知)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

げじ【下知】

( 名 ) スル
〔「げち」とも〕
下の者に指図をすること。命令。 「みな平家の-とのみ心得て/平家 6
鎌倉・室町時代の裁判の判決。また、その判決文。下知状。

げち【下知】

( 名 ) スル
げじ(下知)」に同じ。 「 -を下す」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

下知の関連情報