コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

下知 ゲジ

デジタル大辞泉の解説

げ‐じ〔‐ヂ〕【下知】

[名](スル)《「げち」とも》
上から下へ指図すること。命令。
「―ヲ受ケル」〈和英語林集成
「四国の者共に、軍(いくさ)ようせよと―せよかし」〈平家・一一〉
下知状(げじじょう)」の略。
「鎌倉殿御―を添へて遣はさる」〈義経記・八〉

げ‐ち【下知】

[名](スル)げじ(下知)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

げじ【下知】

( 名 ) スル
〔「げち」とも〕
下の者に指図をすること。命令。 「みな平家の-とのみ心得て/平家 6
鎌倉・室町時代の裁判の判決。また、その判決文。下知状。

げち【下知】

( 名 ) スル
げじ(下知)」に同じ。 「 -を下す」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

下知の関連キーワード事切の御成敗佐護長右衛門軍令(兵学)武家様文書指揮・指麾円性房の妻見知・検知永仁の徳政書下年号柴田勝家大石阿吉中臣寿詞外題安堵政所下文室町時代補任状国目付下知状裁許状判決文

下知の関連情報