下知状(読み)げちじょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

下知状
げちじょう

書止めが「下知件の如し」で結ばれる古文書。武家創出の文書様式で,下文 (くだしぶみ) よりも軽い事柄に使われた。鎌倉幕府は,御家人所領安堵に,惣領に対しては下文を用いたのに対し,庶子には下知状をもってした。このほか,特権の免許,禁制などの制札裁判判決 (→裁許状 ) など長い効力を期待するものに下知状を用いた。また幕命を,六波羅,鎮西両探題が下達する場合もこの様式を使ったが,これを六波羅施行状鎮西施行状と呼んだ。室町幕府では,将軍が不在であったり,幼少の場合,管領が将軍の仰せを奉じて下知状を出すという形式で,幕命を伝えた。また通行免許証 (→過所 ) にも用いた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

下知状【げちじょう】

鎌倉時代に発生した武家文書の一形式。下文(くだしぶみ)と御教書(みぎょうしょ)の様式の合成されたもの。鎌倉幕府の発給する下知状を関東下知状といい,〈鎌倉殿〉の意を受けた執権(しっけん)・連署(れんしょ)が奉じて出す。書止め文言(もんごん)は〈下知如件(げちくだんのごとし)〉とし,差出人の署名は年月日の次の行に書かれる。受取人の名は事書(ことがき)もしくは本文中に示される。幕府政務上の裁決文書であり,諸種の特権免許,制札(せいさつ)・禁制(きんぜい),訴訟の判決(裁許)など,永続的効力の期待されるものに用いられた。
→関連項目掟書過所裁許状施行状

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

げちじょう【下知状】

鎌倉時代に発生した武家文書の一つ。鎌倉,南北朝,室町の各時代にみられる。平安時代にはじまった下文(くだしぶみ)の様式と御教書(みぎようしよ)の様式との合成である。将軍の意をうけた執権・連署が奉じて出す文書であるが,頼朝時代のものは少なく,いわゆる執権時代に入って様式も整い,また実例も多くなった。頼朝時代に発給された下知状としてもっとも古いのは建久6年(1195)6月5日付の高野山領備後国大田庄についてのものである。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

げじじょう【下知状】

〔「げちじょう」とも〕
鎌倉・室町時代、執権や管領が将軍の意をうけて命令を伝えた武家文書。裁許状。

げちじょう【下知状】

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

下知状
げちじょう

古文書の一形式。平安中期におこった下文(くだしぶみ)から派生した文書様式で、本文の結びを「下知如件(げちくだんのごとし)」と書くことから下知状とよばれた。鎌倉時代、幕府において盛んに用いられ、下文、御教書(みぎょうしょ)と並んで幕府の公式文書として重要視された。これより室町・江戸両幕府をはじめ守護大名も下知状を発行した。このほか寺院などの出した下知状もみられる。用途は、所領の安堵(あんど)、所役(しょやく)免除、訴訟の判決、法令、禁制、過所(かしょ)(関所通行の許可証)などがおもなものであった。特殊な用例として、室町幕府において将軍が不在であったり、幼少のため署判できないときなどに、将軍の署判を必要とする文書を出さねばならない場合、管領(かんれい)の下知状で代用したことがある。[百瀬今朝雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の下知状の言及

【武家様文書】より

…鎌倉幕府成立以後,武家政権あるいは武家が新しく生み出したり,公家(くげ)様文書を改良して用いた様式の文書。鎌倉幕府ははじめ公家様文書の下文(くだしぶみ)と御教書(みぎようしよ)を利用し,ついでその2様式の折衷ともいうべき様式で,これまでにない下知状(げちじよう)を生み出した。いずれも奉書(ほうしよ)形式であるこの下文,御教書,下知状の3様式が鎌倉幕府の中心的な発給文書となった。…

※「下知状」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android