コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

下知状 げちじょう

7件 の用語解説(下知状の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

下知状
げちじょう

書止めが「下知件の如し」で結ばれる古文書。武家創出の文書様式で,下文 (くだしぶみ) よりも軽い事柄に使われた。鎌倉幕府は,御家人の所領安堵に,惣領に対しては下文を用いたのに対し,庶子には下知状をもってした。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

げじ‐じょう〔ゲヂジヤウ〕【下知状】

下に対して命令を伝える文書。特に、中世、将軍の命を奉じて家臣が発給した文書の一。裁判の判決や、所領の譲与・安堵(あんど)などに用いられた。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

下知状【げちじょう】

鎌倉時代に発生した武家文書の一形式。下文(くだしぶみ)と御教書(みぎょうしょ)の様式の合成されたもの。鎌倉幕府の発給する下知状を関東下知状といい,〈鎌倉殿〉の意を受けた執権(しっけん)・連署(れんしょ)が奉じて出す。
→関連項目掟書過所裁許状施行状

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

げちじょう【下知状】

鎌倉時代に発生した武家文書の一つ。鎌倉,南北朝,室町の各時代にみられる。平安時代にはじまった下文(くだしぶみ)の様式と御教書(みぎようしよ)の様式との合成である。将軍の意をうけた執権・連署が奉じて出す文書であるが,頼朝時代のものは少なく,いわゆる執権時代に入って様式も整い,また実例も多くなった。頼朝時代に発給された下知状としてもっとも古いのは建久6年(1195)6月5日付の高野山領備後国大田庄についてのものである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

げじじょう【下知状】

〔「げちじょう」とも〕
鎌倉・室町時代、執権や管領が将軍の意をうけて命令を伝えた武家文書。裁許状。

げちじょう【下知状】

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

下知状
げちじょう

古文書の一形式。平安中期におこった下文(くだしぶみ)から派生した文書様式で、本文の結びを「下知如件(げちくだんのごとし)」と書くことから下知状とよばれた。鎌倉時代、幕府において盛んに用いられ、下文、御教書(みぎょうしょ)と並んで幕府の公式文書として重要視された。これより室町・江戸両幕府をはじめ守護大名も下知状を発行した。このほか寺院などの出した下知状もみられる。用途は、所領の安堵(あんど)、所役(しょやく)免除、訴訟の判決、法令、禁制、過所(かしょ)(関所通行の許可証)などがおもなものであった。特殊な用例として、室町幕府において将軍が不在であったり、幼少のため署判できないときなどに、将軍の署判を必要とする文書を出さねばならない場合、管領(かんれい)の下知状で代用したことがある。[百瀬今朝雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の下知状の言及

【武家様文書】より

…鎌倉幕府成立以後,武家政権あるいは武家が新しく生み出したり,公家(くげ)様文書を改良して用いた様式の文書。鎌倉幕府ははじめ公家様文書の下文(くだしぶみ)と御教書(みぎようしよ)を利用し,ついでその2様式の折衷ともいうべき様式で,これまでにない下知状(げちじよう)を生み出した。いずれも奉書(ほうしよ)形式であるこの下文,御教書,下知状の3様式が鎌倉幕府の中心的な発給文書となった。…

※「下知状」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

下知状の関連キーワード判物盲僧琵琶腰越武家時代事切文書阿弥陀寺文書印判状「いざ鎌倉」愚仁尼本庄氏

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

下知状の関連情報