不均化(読み)フキンカ

化学辞典 第2版「不均化」の解説

不均化
フキンカ
disproportionation

1種類の物質が2分子以上反応して,2種類以上の別な物質にかわる反応をいう.2分子のトルエンから,ゼオライト触媒ベンゼンキシレンを生じる反応は,タトレー法などとして知られている工業的に重要な例である.

安定な分子の不均化反応のほか,無機塩が金属イオンの酸化還元を伴って不均化する例

2MoCl4 → MoCl3 + MoCl5

や,遊離基などの不安定物質が不均化する反応も知られている.

2C2H5 → C2H4 + C2H6

工業的な例としては,タトレー法のほかに第二ヘンケル法による安息香酸カリウムの不均化(テレフタル酸製造法),トリオレフィン法によるプロペンの不均化(メタセシス)などがある.

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

デジタル大辞泉「不均化」の解説

ふきん‐か〔‐クワ〕【不均化】

一種類の物質の2分子以上が、互いに酸化・還元などを行い、二種類以上の物質を生じる反応。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版「不均化」の解説

ふきんか【不均化 disproportionation】

ある化合物の置換基が同一種類の分子間で移行し,置換基をもたない化合物と置換基を二つもつ化合物を生ずる反応をいう。工業的に重要な不均化反応の二,三の例をあげれば次のとおりである。 プロピレンからエチレンブチレン(2‐ブテン)の生成。トルエンからベンゼンとキシレンの生成。安息香酸カリウムからベンゼンとテレフタル酸カリウムの生成。(化学式)モリブデン塩化物の不均化。これらの反応の進行には触媒が必要であり,オレフィンの不均化にはレニウム,モリブデンなどの酸化物,芳香族の不均化には固体酸触媒などが用いられる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

LGBTQ

セクシュアルマイノリティ(性的少数者)を表す言葉で、性的指向や性自認を意味する英語の頭文字をとって作られた。Lesbian(レズビアン)は同性を恋愛の対象とする女性、Gay(ゲイ)は同性を恋愛の対象と...

LGBTQの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android