コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

不均化 フキンカ

デジタル大辞泉の解説

ふきん‐か〔‐クワ〕【不均化】

一種類の物質の2分子以上が、互いに酸化還元などを行い、二種類以上の物質を生じる反応。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ふきんか【不均化 disproportionation】

ある化合物の置換基が同一種類の分子間で移行し,置換基をもたない化合物と置換基を二つもつ化合物を生ずる反応をいう。工業的に重要な不均化反応の二,三の例をあげれば次のとおりである。 プロピレンからエチレンとブチレン(2‐ブテン)の生成。トルエンからベンゼンとキシレンの生成。安息香酸カリウムからベンゼンとテレフタル酸カリウムの生成。(化学式)モリブデン塩化物の不均化。これらの反応の進行には触媒が必要であり,オレフィンの不均化にはレニウム,モリブデンなどの酸化物,芳香族の不均化には固体酸触媒などが用いられる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ふきんか【不均化】

同一種類の物質から異なる二種の物質に変化すること。例えば水銀(Ⅰ)イオンが水銀(Ⅱ)イオンと水銀原子になる反応や、トルエンからベンゼンとキシレンを生じる反応など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

不均化の関連キーワードスーパーオキサイドディスムターゼオレフィンメタセシス反応過マンガン酸カリウム硫化スズ(硫化錫)マンガン酸カリウムカニッツァーロ反応エリスロクプレインベンズアルデヒドカニッツァーロ石油化学工業ホスフィン酸ヨウ化水銀次亜塩素酸次亜臭素酸ホスホン酸ベンゼン化学反応結晶構造トルエンマンガン