コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

不妊法 ふにんほう

2件 の用語解説(不妊法の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

不妊法【ふにんほう】

受胎機能を人工的に奪って避妊する方法。永久的不妊法は断種法ともいう。→避妊

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

不妊法
ふにんほう
sterilization

一時的に妊娠を避けるために可逆的な方法を用いる避妊法(受胎調節)に対し、人工的に生殖能力を永続的に失わせる方法を不妊法といい、男性不妊手術と女性不妊手術がある。なお、卵巣や子宮あるいは精巣(睾丸(こうがん))を摘出すれば当然不妊をきたすが、不妊を目的として行う手術でなければ、不妊手術とはいわない。かつては断種法とよばれたこともある。現在では母体保護法に基づいて行われる。[新井正夫]

男性不妊手術

射精された精液中に精子がなければ受精は成立しないわけで、このために睾丸でつくられた精子が精嚢(せいのう)に運ばれる途中の精管を遮断する方法がとられる。俗にパイプカットともよばれる精管切除術(精管切断術)がもっとも広く行われている。[新井正夫]

女性不妊手術

精子が卵管を上昇してくるのを妨げれば受精は成立しないわけで、このために両側の卵管の疎通性をなくす方法がとられている。これには種々の術式があるが、代表的なものは、卵管峡部を圧迫して結紮(けっさつ)する卵管圧挫(あつざ)結紮法(マドレーネルMadlener法)と卵管結紮切除法(ポメロイPomeroy法)で、ともに、開腹して行う腹式と、開腹せずに腟(ちつ)内から行う腟式とがある。このほか、帝王切開術に併用する結紮切断法や腹腔(ふくくう)鏡を使った電気凝固法などもある。これらの不妊手術は、いずれも永久避妊法であるから、術後に妊娠を希望しても、再疎通率や妊娠成立率はきわめて低いものと考えなければならない。[新井正夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

不妊法の関連キーワードアドイン家族計画除雄避妊機能性食品人工的人工消雨人工孵化法透析療法人工色素

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

不妊法の関連情報