コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

世間師 セケンシ

3件 の用語解説(世間師の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

せけん‐し【世間師】

世間に通じていて巧みに世を渡ること。悪賢く世を渡ること。また、その人。
旅から旅を渡り歩いて世渡りをする人。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

せけんし【世間師】

世間慣れして悪賢い人。世渡りの巧みな人。
旅から旅に渡り歩いている人。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

世間師
せけんし

世間を旅しては生活する人々、あるいはその際の豊かな経験をもとに世事を巧みに処理する人、さらに悪事などによって渡り歩く人々をいう。近世後期から近代にかけて農村社会の閉鎖性が崩れ、出稼ぎなどで各地を旅して生活する人々が増加すると、このなかから、世情や世間話に通じ、農民のさまざまな依頼事を引き受けて世話をする人々が生まれた。彼らはその性格によって世間師、公事師(くじし)、口利きなどと称された。いずれも閉鎖的な農村社会では得られない、豊かな経験と民衆をひきつける強い個性をもっており、しばしば訴訟や百姓一揆(いっき)の指導者としてあげられた。文字を通じて世界観や自我を構築することが困難であった前近代の民衆の一つの自己形成のあり方として注目される。[白川部達夫]
『宮本常一著『忘れられた日本人』(岩波文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の世間師の言及

【博労】より

…しかし,一方では彼らは昔話,世間話や新しい情報の運搬者でもあった。世間師(せけんし)の性格もあったので,婚姻の仲人にたのまれたり,すぐれた技量や能力によって村人の尊敬をかち得て,死後に伯楽大明神の名で碑を建ててまつられた者もあった。しかし,中国山地の事例からみれば,実際の活動領域は意外に限られ,その勢力範囲外では勝手に営業することは認められなかったらしい。…

【他所者】より

…彼らは村落に一時的に滞在して,村人にさまざまな物資や情報を提供してくれる存在であった。村落の秩序外にある世間師の彼らは危険な存在として警戒されたが,同時に村人が自給できないものや珍しいものをもたらしてくれ,また世間の動きを教えてくれる人々として歓迎され,歓待された。いずれの他所者についても,村落秩序が弛緩するにつれ,制度的に区別したり差別することはなくなってきたが,意識としては現在なお強いものがある。…

※「世間師」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世間師の関連キーワード海を渡る剃刀の刃を渡る善巧操船卵を渡る響き渡る世を憚る世を渡る練熟渡る世間に鬼はない

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

世間師の関連情報