コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

口利き クチキキ

デジタル大辞泉の解説

くち‐きき【口利き】

間に立って紹介や世話をすること。また、その人。「友人の口利きで就職先が決まる」
交渉や談判などのうまい人。紛争の仲裁などに幅を利かせている人。
「近所第一の―にて」〈露伴・いさなとり〉
弁舌が巧みなこと。また、その人。口巧者(くちごうしゃ)。
「京童(きゃうわらは)にて―にて候」〈義経記・六〉
話しぶり。口のきき方。
「お戯(そば)へたる者の―きらきらしく」〈今昔・二七・一三〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

くちきき【口利き】

仲介・斡旋・紹介などをすること。とりもつこと。 「就職の-をたのむ」 「 -料」
談判・相談などのとりなしをすること。また、それをするのが上手な人。
話し方がうまいこと。弁舌が巧みなこと。また、その人。 「物なれたるうへ-なりしかば/平治 下・古活字本

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

口利きの関連キーワードエリオット(Thomas Stearns Eliot)モンゴメリー(Wes Montgomery)ホッパー(Dennis Hopper)自治体職員への要望を記録する制度慈愛会病院による詐欺・贈賄事件ジョシュ マクダニエルズフランキー ビバリーあっせん利得処罰法口利き記録制度あっせん利得罪鈴木議員と裁判斡旋利得処罰法シュウィンガー都市再生機構アンデルセン三遊亭 一朝北林 谷栄斡旋利得罪懐を肥やす原子力ムラ

今日のキーワード

テロ支援国家

国際的なテロリズム組織を資金や物資などの面から援助している国家。[補説]特に、米国国務省が作成する報告書で指定を受けた、イラン・スーダン・シリアの3か国のこと。北朝鮮は1988年1月に指定、2008年...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

口利きの関連情報