コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

口利き クチキキ

2件 の用語解説(口利きの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

くち‐きき【口利き】

間に立って紹介や世話をすること。また、その人。「友人の口利きで就職先が決まる」
交渉や談判などのうまい人。紛争の仲裁などに幅を利かせている人。
「近所第一の―にて」〈露伴・いさなとり
弁舌が巧みなこと。また、その人。口巧者(くちごうしゃ)。
「京童(きゃうわらは)にて―にて候」〈義経記・六〉
話しぶり。口のきき方。
「お戯(そば)へたる者の―きらきらしく」〈今昔・二七・一三〉

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

くちきき【口利き】

仲介・斡旋・紹介などをすること。とりもつこと。 「就職の-をたのむ」 「 -料」
談判・相談などのとりなしをすること。また、それをするのが上手な人。
話し方がうまいこと。弁舌が巧みなこと。また、その人。 「物なれたるうへ-なりしかば/平治 下・古活字本

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

口利きの関連情報