コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中国工商銀行 ちゅうごくこうしょうぎんこうIndustrial and Commercial Bank of China Limited

知恵蔵miniの解説

中国工商銀行

中華人民共和国の銀行。略称は「工行」「ICBC」。中国四大商業銀行の一つで、設立は1984年。1997年12月には東京支店が開業した。2006年12月に香港証券取引所上海証券取引所に上場し株式を公開、翌年7月には金融機関のうち株価時価総額で世界1位となった。12年現在、総資産17兆5422億人民元、営業収益3060億人民元で、1万8700余りの支店を持つ。13年7月1日、銀行の融資能力やショック耐性をはかる指標「基本的自己資本項目」に基づき英国「ザ・バンカー」誌が発表した「世界の銀行ランキング」で1位となった。

(2013-7-3)

出典|朝日新聞出版知恵蔵miniについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

中国工商銀行
ちゅうごくこうしょうぎんこう
Industrial and Commercial Bank of China Ltd.

中国の大手商業銀行。中国語では工行、英語ではICBCと略される。国家的重要性をもつ商工業の発展を図る目的で、1984年に中国人民銀行の市中銀行業務を分離して創設。1994年の金融制度改革により国有商業銀行となり、2005年に株式会社化された。
 商工業向け流動資金融資および設備の更新・改造投資向け融資を主要業務とする。預金の受入れ、企業向け融資、不動産融資、リース、債券発行のほか、外国為替(かわせ)業務、外貨預金、外貨貸付なども行う。また中央銀行である中国人民銀行や他行から委託された業務も行っている。国営銀行時代の、1996年時点の商業銀行全体に占めるシェアは総資産で58.6%、預金で39.5%と圧倒的で、支店数2386、従業員数約57万人を数える巨大企業であり、大多数の国有企業のメインバンクとなっていた。しかし資金調達先はコストの高い家計定期預金が多いことから財務状況は思わしくなく、国有銀行が抱える問題をもっともよく表す銀行ともなっていた。
 2005年10月に国営銀行から株式会社に移行し、2006年10月には香港(ホンコン)市場、上海(シャンハイ)市場に株式公開を実施した。また中国国内の銀行との戦略的提携ももち、四大商業銀行の一角を占めるまでに至る。2008年の総資産は9兆7571億元、預金8兆2234億元、貸出金4兆5720億元、経常収益3102億元、従業員数38万0285人であり、とくに預金総額の規模の大きさが顕著である。[上川孝夫・佐藤秀樹]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

中国工商銀行の関連キーワードバンク・オブ・アメリカ中華人民共和国アモイ事件サイボス

今日のキーワード

スタットコール

《statは、急を要するの意。「スタッドコール」とも》病院内での緊急召集。緊急事態発生時に、担当部署に関係なく手の空いている医師や看護師を呼び出すために用いる。→コードブルー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

中国工商銀行の関連情報