コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中国白書 ちゅうごくはくしょUnited States Relations with China with Special Reference to the Period

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

中国白書
ちゅうごくはくしょ
United States Relations with China with Special Reference to the Period

1944~49 正式には『アメリカの中国との関係-特に 1944~49年の時期について』。アメリカ国務省が 49年8月5日に発表したアメリカの対中国政策に関する文書。 1844年以降の約1世紀にわたるアメリカの対中国政策を総括し,特に 1944~49年の6年間を中心に記述している。日本では『対華白書』ともいわれ,付録資料を含めると 1000ページをこえる。この白書では中国国民党の腐敗が指摘され,今後のアメリカの対中国政策は国民党を中心としないことが述べられており,アメリカの中国喪失感を示したものといえる。また「向ソ一辺倒」を採用した共産党は,この白書を素材として強烈なアメリカ非難を展開することになった。 D.アチソン国務長官はこの伝達書のなかで,アメリカ政府が「国民党を助け,できるだけ広範囲にわたってその権威を確保させる一方,国民党,共産党両勢力の間の妥協を進め,内戦を避けさせる」という道を選んだことを説明している。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

中国白書【ちゅうごくはくしょ】

対華白書

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

中国白書の関連キーワードジェサップ米中関係

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

中国白書の関連情報