コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中居屋重兵衛 なかいや じゅうべえ

3件 の用語解説(中居屋重兵衛の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中居屋重兵衛 なかいや-じゅうべえ

1820-1861 幕末の貿易商。
文政3年3月生まれ。江戸で林鶴梁(かくりょう)にまなぶ。のち火薬製法などをおさめ,郷里上野(こうずけ)(群馬県)の白根山の硫黄(いおう)で火薬を製造して財産をきずく。安政6年横浜にうつり,上州生糸を輸出し巨利をえたが,幕府の生糸輸出制限令に違反し捕らえられ,文久元年8月2日獄死。42歳。尊攘(そんじょう)派を支援したといわれる。姓は黒岩。通称は撰之助。著作に「集要砲薬新書」。
【格言など】利を以て利と為さず,義を以て利と為す(信条)

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

中居屋重兵衛

没年:文久1.8(1861)
生年:文政3(1820)
幕末の生糸輸出商人。幸右衛門の子。上野国(群馬県)吾妻郡中居村の出身。通称は撰之助。江戸に出て林鶴梁 の門に入る。和薬,絹,木綿の販売に従事する。その後上野国白根産硫黄を用いて火薬の製造に当たり産をなした。開港後横浜に出て店を出し,生糸を中心とする輸出貿易に売込商として参加し,上州絹を海外に広めた。幕府の生糸輸出制限令に違反したかどで捕らえられ牢死した。尊王家の出入りも多かった。<参考文献>佐々木杜太郎『開国の先覚者中居屋重兵衛』,荻原進『炎の生糸商中居屋重兵衛』

(武野要子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

中居屋重兵衛
なかいやじゅうべえ
(1820―1861)

幕末の横浜貿易商人。上野(こうずけ)国吾妻(あがつま)郡中居村(群馬県嬬恋(つまごい)村三原)出身。本姓黒岩撰之助(せんのすけ)。中居屋重兵衛は商号。家産の没落から江戸に出て書店和泉(いずみ)屋に寄寓(きぐう)するかたわら学者と交わって洋学、火薬製法などを学び、白根(しらね)産の硫黄(いおう)を扱って火薬を製し産をなしたという。安政(あんせい)開港にあたり、いち早く横浜に進出、本町四丁目に500坪近い店舗を開いて生糸、茶、石炭などの貿易に従事した。生糸取引の草分けといわれる。その終末は不詳であるが、尊王派を支援して幕府の嫌疑を受け、財産も没収されたという。著書に『集要砲薬新書』(1855)がある。墓は嬬恋村と東京都文京区還国寺にある。[山田武麿]
『萩原進著『中居屋重兵衛』(1978・有隣堂)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の中居屋重兵衛の言及

【上野国】より

…糸価は維新までに約6倍に暴騰し,伝統の蚕糸業界はにわかに活況を呈した。いち早く横浜に進出する貿易商人も十指をこえたが,その先鞭をつけた中居屋重兵衛,のち業界に君臨した茂木惣兵衛などはその代表である。前橋藩も幕末から領内生糸の統制にのり出し,1869年(明治2)藩営直売所を横浜に設け,翌年洋式器械製糸所を前橋に開設した。…

※「中居屋重兵衛」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

中居屋重兵衛の関連キーワード炭酸塩岩脈文久阮福映ジョージアンペールラマルティーヌイコトイ吉雄常三ジョージ[3世]艇盗の乱

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone