コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中山平温泉 なかやまだいらおんせん

2件 の用語解説(中山平温泉の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

中山平温泉
なかやまだいらおんせん

宮城県北西部,大崎市にある温泉。大柴山のふもとにある高原の湯で,玉造八湯のなかで最も西にあり,鳴子温泉郷の一部をなす。泉質は単純泉,酸性泉。泉温 51~92℃。源泉の一つ,蛇ノ湯はヘビの毒にきくといわれる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

中山平温泉
なかやまだいらおんせん

宮城県北西部、大崎(おおさき)市鳴子温泉(なるこおんせん)にある温泉。荒雄(あらお)川の支流大谷(おおや)川に沿う。鳴子温泉郷の一つで星ノ湯ともいう。泉質は硫黄泉、酸性泉。付近には鳴子峡や熱帯植物園がある。川渡(かわたび)温泉、鬼首(おにこうべ)温泉とともに奥鳴子・川渡温泉郷として国民保養温泉地に指定されている。JR陸羽東線中山平温泉駅下車。国道47号も通じる。[長谷川典夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

中山平温泉の関連情報