コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鳴子峡 なるこきょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鳴子峡
なるこきょう

宮城県北西部,江合 (荒雄) 川の支流大谷川 (おおやがわ) にある峡谷鳴子温泉中山平温泉の間の約 2.5kmで,凝灰岩の崖と紅葉の名勝地。近くに尿前 (しとまえ) の関跡がある。大谷川に沿って,JR陸羽東線,国道 47号線が通る。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

なるこ‐きょう〔‐ケフ〕【鳴子峡】

宮城県北西部にある峡谷。鳴子温泉の西、荒雄川支流の大谷川の渓谷に沿って2.5キロメートル続くV字形の峡谷。奇岩断崖が連なり渓谷美で知られる。なるごきょう。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本の地名がわかる事典の解説

〔宮城県〕鳴子峡(なるこきょう)


宮城県北西部、北上(きたかみ)川水系荒雄(あらお)川支流の大谷(おおや)川にある峡谷。鳴子温泉街上手から上流の中山平(なかやまだいら)温泉までの約3kmをいう。急峻(きゅうしゅん)なV字谷の両岸に、猿(さる)の手掛岩・胎内潜(たいないくぐ)りなどと名づけられた奇岩が連なる。周辺には鳴子温泉郷やスキー場があり、観光資源に富む。河畔に日本こけし館・鳴子公園がある。栗駒(くりこま)国定公園に属する。

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鳴子峡
なるこきょう

宮城県北西部、大崎(おおさき)市鳴子温泉(なるこおんせん)を流れる荒雄(あらお)川支流の大谷(おおや)川の峡谷。鳴子温泉と中山平(なかやまだいら)温泉間の約6キロメートルのV字谷で、凝灰岩層を大谷川が深さ80~100メートル、幅10~100メートルに侵食したもの。両岸は虫喰(むしくい)岩、獅子(しし)岩、立石、胎内潜(くぐ)り、猿(さる)の手掛岩などの奇岩が林立し、新緑、紅葉期には峡谷美を求めるハイカーが多い。[境田清隆]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

鳴子峡の関連キーワード宮城県大崎市鳴子温泉尿前鳴子(宮城県の旧町名)日本こけし館宮城県大崎市栗駒国定公園鳴子〈町〉大崎(市)鳴子温泉郷V字谷栗駒鳴子

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鳴子峡の関連情報