コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鳴子峡 なるこきょう

4件 の用語解説(鳴子峡の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鳴子峡
なるこきょう

宮城県北西部,江合 (荒雄) 川の支流大谷川 (おおやがわ) にある峡谷。鳴子温泉中山平温泉の間の約 2.5kmで,凝灰岩の崖と紅葉の名勝地。近くに尿前 (しとまえ) の関跡がある。大谷川に沿って,JR陸羽東線,国道 47号線が通る。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

なるご‐きょう〔‐ケフ〕【鳴子峡】

宮城県北西部にある峡谷。鳴子温泉の西、荒雄川支流の大谷川の渓谷に沿って2.5キロメートル続くV字形の峡谷。奇岩・断崖が連なり渓谷美で知られる。なるこきょう。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔宮城県〕鳴子峡(なるこきょう)


宮城県北西部、北上(きたかみ)川水系荒雄(あらお)川支流の大谷(おおや)川にある峡谷。鳴子温泉街上手から上流の中山平(なかやまだいら)温泉までの約3kmをいう。急峻(きゅうしゅん)なV字谷の両岸に、猿(さる)の手掛岩・胎内潜(たいないくぐ)りなどと名づけられた奇岩が連なる。周辺には鳴子温泉郷やスキー場があり、観光資源に富む。河畔に日本こけし館・鳴子公園がある。栗駒(くりこま)国定公園に属する。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鳴子峡
なるこきょう

宮城県北西部、大崎(おおさき)市鳴子温泉(なるこおんせん)を流れる荒雄(あらお)川支流の大谷(おおや)川の峡谷。鳴子温泉と中山平(なかやまだいら)温泉間の約6キロメートルのV字谷で、凝灰岩層を大谷川が深さ80~100メートル、幅10~100メートルに侵食したもの。両岸は虫喰(むしくい)岩、獅子(しし)岩、立石、胎内潜(くぐ)り、猿(さる)の手掛岩などの奇岩が林立し、新緑、紅葉期には峡谷美を求めるハイカーが多い。[境田清隆]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鳴子峡の関連キーワード北上きたかみ北上川船頭唄宮城県加美郡北上〈町〉宮城県石巻市北上町女川宮城県石巻市北上町十三浜宮城県石巻市北上町長尾宮城県石巻市北上町橋浦荒雄湖

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

鳴子峡の関連情報