コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中川番所 なかがわばんしょ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

中川番所
なかがわばんしょ

中川御関所ともいう。江戸幕府が武蔵国中川口 (小名木川の入口) に設けた番所。初め深川の万年橋のほとりにあり,正保4 (1647) 年9月には水野忠保が深川船改番を命じられている。寛文1 (61) 年6月中川口に移転,江戸-行徳 (ぎょうとく) 間を往来する船を取調べた。『令条記』によれば,延宝4 (76) 年6月以降,(1) 江戸からの夜の出船を禁じること,(2) 女子は必ず証文を持つべきこと,(3) 鉄砲などの武具の往来に注意すべきことなどが定められた。 (→入鉄砲出女 )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

なかがわばんしょ【中川番所】

江戸幕府が中川の下流,江戸の東の小名木川との交差点に通船を対象として設けた関所。中川関所ともいう。1661年(寛文1)に深川船改番所がここに移って成立。一般の関所と同じく〈入鉄砲に出女〉を取り締まったが,その点は厳しくなく,重点は川船による江戸への諸物資出入りの把握にあったので,通過荷物の検査は厳重だった。海の浦賀番所と並び,江戸を中心とする幕府の経済統制機関として,幕末まで重要な役割を果たした。【川名 登】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

中川番所の関連キーワード寄合

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android