コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中川番所 なかがわばんしょ

2件 の用語解説(中川番所の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

中川番所
なかがわばんしょ

中川御関所ともいう。江戸幕府が武蔵国中川口 (小名木川の入口) に設けた番所。初め深川の万年橋のほとりにあり,正保4 (1647) 年9月には水野忠保が深川船改番を命じられている。寛文1 (61) 年6月中川口に移転,江戸-行徳 (ぎょうとく) 間を往来する船を取調べた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

なかがわばんしょ【中川番所】

江戸幕府が中川の下流,江戸の東の小名木川との交差点に通船を対象として設けた関所。中川関所ともいう。1661年(寛文1)に深川船改番所がここに移って成立。一般の関所と同じく〈入鉄砲に出女〉を取り締まったが,その点は厳しくなく,重点は川船による江戸への諸物資出入りの把握にあったので,通過荷物の検査は厳重だった。海の浦賀番所と並び,江戸を中心とする幕府の経済統制機関として,幕末まで重要な役割を果たした。【川名 登】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

中川番所の関連情報