コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中村太八郎 なかむら たはちろう

2件 の用語解説(中村太八郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中村太八郎 なかむら-たはちろう

1868-1935 明治-大正時代の社会運動家。
慶応4年2月20日生まれ。上京して岡鹿門(ろくもん)の漢学塾と専修学校にまなぶ。明治29年木下尚江(なおえ)らと長野県松本に平等会を,30年普通選挙期成同盟会を組織。普選運動つくし「普選の父」とよばれた。土地の国有化にもとりくむ。昭和10年10月17日死去。68歳。信濃(しなの)(長野県)出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

中村太八郎
なかむらたはちろう
(1868―1935)

普選運動の推進者。慶応(けいおう)4年2月20日、長野県で名主の子に生まれる。奨匡(しょうきょう)社などの自由民権運動の影響下に育ち、上京して、1883~88年(明治16~21)岡千仭(せんじん)の漢学塾と専修学校に学ぶ。帰郷して、鉄道敷設や米穀取引所設置に努め、改進党・進歩党系の政治家として知られた。日清(にっしん)戦争後、木下尚江(なおえ)らと松本に平等会をつくり、97年、東京で社会問題研究会、松本で普通選挙期成同盟会の結成に参画した。投獄にめげず、貴衆両議院への普選請願書提出、雑誌『普通選挙』の発行などを松本で行い、1902年(明治35)以降は全国を舞台に普選運動に尽力した。日朝親善、土地国有問題にも取り組み、05年、山路愛山(やまじあいざん)らと国家社会党の創立に参加、25年(大正14)には土地国有講究会を組織した。昭和10年10月17日没。墓所は東京多磨霊園、郷里東筑摩(ひがしちくま)郡山形村清水寺(せいすいじ)に顕彰碑がある。[上條宏之]
『平野義太郎編『普選・土地国有論の父中村太八郎伝』(1938・日光書院)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の中村太八郎の言及

【普選運動】より

…自由民権運動のなかから,中江兆民らの普選論が生まれたが,それはごく一部で,有権者は納税者に限るという考え方が一般的であった。1892年東洋自由党の党内組織として普通選挙期成同盟会が設立されたが,継続的な運動としては97年,松本に中村太八郎,木下尚江らにより同名の組織が結成されたことに始まる。同盟会は99年東京に進出し,翌年1月第14議会に請願書を提出,1902年第16議会で河野広中,花井卓蔵らの名で法案を提出した。…

※「中村太八郎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

中村太八郎の関連キーワード臼倉甲子造緒方貞代高津多代子野沢重吉林てる原霞外山口小静横幕武良子和田巌大正時代美術

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone