中東和平会議(読み)ちゅうとうわへいかいぎ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

中東和平会議
ちゅうとうわへいかいぎ

湾岸戦争後アメリカが主導して,1991年 10月スペインのマドリードで開催されたパレスチナ問題解決のための会議。アメリカ,ロシアが主催した全体会議と,実質的な問題を扱う関係当事国による二国間直接交渉からなる。イスラエルシリアレバノンヨルダンパレスチナ合同代表団が参加した。パレスチナ代表団にはイスラエル占領地外のパレスチナ人は含まれなかった。会議は,エジプト以外のアラブ諸国が初めてイスラエルとの直接交渉にのぞんだ点で画期的なものとなった。当時イスラエルはリクード政権下にあり,交渉の進展は思わしくなかったが,92年の選挙で和平推進派のイスラエル労働党政権をとり,93年9月には難題となっていたパレスチナ人の自治に関し,イスラエル,パレスチナの間で正式にパレスチナ暫定自治協定が成立した (→パレスチナ分割 ) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ちゅうとう‐わへいかいぎ〔‐ワヘイクワイギ〕【中東和平会議】

米国の主導で始まったパレスチナ問題解決のための会議。1991年10月、スペインのマドリードで開かれ、イスラエルとシリア・ヨルダン・レバノン・パレスチナの各代表が参加。1993年に行われた個別交渉で、イスラエルとPLOは相互承認を行い、パレスチナ人の暫定自治について合意した。→オスロ合意

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

旺文社世界史事典 三訂版の解説

中東和平会議
ちゅうとうわへいかいぎ
Middle-East Peace Conference

1991年10月にマドリードで開催された,中東問題解決のための会議
イギリスとフランスが撤退した後,米ソ両大国が中東を舞台に勢力を競い,アメリカがイスラエルを,ソ連がアラブ諸国を支援してきた。この会議は,米ソ両国,イスラエル,アラブ諸国とパレスチナ解放機構(PLO)が初めて一堂に集まる平和会議となった。

出典 旺文社世界史事典 三訂版旺文社世界史事典 三訂版について 情報