コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

微気候 ビキコウ

デジタル大辞泉の解説

び‐きこう【微気候】

地面近くの気層の気候地表面の状態や植物群落などの影響を受けて、細かい気象の差が生じる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

微気候【びきこう】

畑のあぜ水田,林の前後,丘の斜面,あるいは室内など狭い範囲の気候。大気候,中気候小気候に対して用いる。水平の広がりは1cm〜100m,垂直の広がりは1cm〜2mくらい。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

びきこう【微気候 microclimate】

地表面から地上1.5mくらいの間の大気層(接地気層)の気候。地表面の状態や地物の影響を強く受けて,細かい気象・気候状態の差異が生じる。接地気層の中ではわずかの高さの違いで気候状態がはなはだしく変化するので,地表面に接した所の大気層の気候は一般の気象観測が行われる高さ(地上1.5m前後)の気候とはかなり異なる。ふつうは水平方向の広がりはせいぜい100m以内の現象が対象になるが,小気候の意味で使われることもある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

びきこう【微気候】

地表より100メートルくらいまで(2メートル 以下のこともある)の狭い範囲の気候。 → 微気象

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

微気候
びきこう

接地気候」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

微気候
びきこう

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

微気候の関連キーワード気候因子微気象気候学林縁

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

微気候の関連情報