コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大気候 ダイキコウ

世界大百科事典 第2版の解説

だいきこう【大気候 macro climate】

北海道と九州の気候の比較,大陸の気候,ときには世界の気候の分布といった広い地域の気候を大気候という。大気候は,水平的広がりが200km以下の狭い地域内の気候を取り扱う中気候や数km以下の気候を問題にする小気候などに対する用語である。したがって,たとえば関東平野の内部における気候分布は大気候の対象にならない。大気候の研究は古くから行われ,これまで印刷刊行されている気候学の教科書や気候図の大部分は大気候を対象としている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

だいきこう【大気候】

大陸や地球全体など、広い地域の気候。 → 小気候

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大気候
だいきこう

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

大気候の関連キーワード松野太郎気候帯微気候遷移極相

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大気候の関連情報