コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中田 喜直 Nakada Yoshinao

ピティナ・ピアノ曲事典(作曲者)の解説

中田 喜直

東京生まれ。音楽家の父・中田章(《早春賦》の作曲家)のもと、幼少よりピアノや作曲に親しむ。東京音楽学校(現東京芸大)ピアノ科卒業後、本格的な作曲活動へ。49年、入野義朗、柴田南雄らが結成した「新声会」 ...続き

出典|(社)全日本ピアノ指導者協会ピティナ・ピアノ曲事典(作曲者)について | 情報

20世紀日本人名事典の解説

中田 喜直
ナカダ ヨシナオ

昭和・平成期の作曲家 日本童謡協会会長;フェリス女学院大学名誉教授。



生年
大正12(1923)年8月1日

没年
平成12(2000)年5月3日

出生地
東京

学歴〔年〕
東京音楽学校ピアノ科〔昭和18年〕卒

主な受賞名〔年〕
音コン作曲室内楽曲部門第2位〔昭和24年〕,毎日音楽賞〔昭和24年〕,日本レコード大賞(童謡賞)〔昭和35年・37年〕,芸術祭賞奨励賞〔昭和38年〕「美しい訣れの朝」,芸術祭賞優秀賞〔昭和46年・53年〕,日本童謡賞(功労賞)〔昭和46年〕,日本童謡賞〔昭和50年〕,紫綬褒章〔昭和61年〕,サトウハチロー賞(第1回)〔平成1年〕,NHK放送文化賞(第46回 平6年度)〔平成7年〕

経歴
昭和21年から作曲家集団・新声会に所属、デビュー歌曲集「六つの子供の歌」で注目される。詩人のサトウハチローとのコンビで「かわいいかくれんぼ」「ちいさい秋みつけた」などを作曲、他の作詞家とも組み「めだかの学校」「あひるの行列」など1000曲以上の童謡を生み出す。30年磯部俶、大中恩らとろばの会を結成し、新しい芸術的な子供のうたを作る運動を行なう。同会はモービル児童文化賞を受賞。NHK「おかあさんといっしょ」などの作曲も担当。その他歌曲や合唱曲の分野に個性的でポピュラリティに富んだ美しい作品を多く書いた。代表作に「夏の思い出」「雪の降るまちを」など。また日本童謡協会の設立に関わり、のち会長に就任。雑誌「どうよう」を創刊する一方、59年同会が7月1日を“童謡の日”と定め、「日本の童謡二百選」を編むなど童謡の振興に努めた。39年〜平成5年フェリス女学院短期大学教授を務めた。手の小さい日本人向きに幅狭のけん盤ピアノの普及に尽力。禁煙活動家としても有名だった。10年作曲家生活50周年記念の“コンサーT”を開催。「中田喜直歌曲集」「中田喜直合唱曲集」、エッセイ集に「音楽と人生」、共著に「嫌煙の時代」などがある。

出典|日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について | 情報

367日誕生日大事典の解説

中田 喜直 (なかだ よしなお)

生年月日:1923年8月1日
昭和時代;平成時代の作曲家。日本童謡協会会長;フェリス女学院短期大学教授
2000年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

中田 喜直の関連キーワード風と光と ~スキーのうた~わらいかわせみに話すなよくいしんぼうのカレンダーさわると秋がさびしがるうそなんかいうもんかサトウ・ハチローたあんきぽーんき博多人形に寄せて春をうたおうもうすぐ春だ雪の降る町を朝のリフトで誰も知らない畑中 更予春のむすめ村は麦刈り五月のうた松江の町は生年月日茶木 滋

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

中田 喜直の関連情報