サトウハチロー(読み)さとうはちろう

精選版 日本国語大辞典「サトウハチロー」の解説

さとう‐はちろう【サトウハチロー】

詩人本名佐藤八郎。東京都出身。佐藤紅緑長男福士幸次郎、西条八十に師事。童謡詩人として、独特なリズムで子供の世界を歌い、「リンゴの歌」など歌謡曲作詞詩集爪色の雨」「おかあさん」、童謡「ちいさい秋みつけた」など。明治三六~昭和四八年(一九〇三‐七三

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「サトウハチロー」の解説

さとう‐はちろう〔‐ハチラウ〕【サトウハチロー】

[1903~1973]詩人。東京の生まれ。本名、佐藤八郎。紅緑の長男。愛子異母妹に当たる。詩人として出発し、童謡・歌謡曲の作詞家としても活躍。詩集「爪色の雨」「おかあさん」など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android