コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中米司法裁判所 ちゅうべいしほうさいばんしょ Central American Court of Justice

2件 の用語解説(中米司法裁判所の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

中米司法裁判所
ちゅうべいしほうさいばんしょ
Central American Court of Justice

1907年にコスタリカグアテマラホンジュラスニカラグアおよびエルサルバドルが締結した条約に基づいて,コスタリカのカルタゴに設置した機関。 18年廃止。同裁判所は,5名の裁判官と 10名の補欠裁判官とによって構成され,その管轄権は加盟国間のすべての紛争に及んだ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

中米司法裁判所
ちゅうべいしほうさいばんしょ

1907年にコスタリカ、グアテマラ、ホンジュラス、ニカラグア、エルサルバドルの五か国が設置した裁判所。コスタリカのカルタゴCartago、のちサン・ホセSan Josに置かれた。局地的ながら、真に常設的な国際裁判所の最初の例である。個人が他国政府に対して、条約違反その他国際法的性質の事件について、個人の本国政府の支持の存否にかかわらず、この裁判所に提訴することができるという国際裁判制度史上画期的なものであったが、10の事件を取り扱って1918年に廃止された。[東壽太郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の中米司法裁判所の言及

【国際裁判】より

…第1次大戦後,真に常設的な裁判所で,普遍的なものとして,常設国際司法裁判所(PCIJ)が設置され,第2次大戦後にこれを継承したのが国際司法裁判所(ICJ)である。このほか,特別の裁判所として,1907年に立案された国際捕獲審検所(捕獲),08年から10年間存続した中米司法裁判所,第1次大戦後の混合仲裁裁判所,第2次大戦後に戦争犯罪人処罰のために設けられた国際軍事裁判所および極東国際軍事裁判所があり,また48年のジェノサイド条約では国際刑事裁判所の設置が予定されているが,まだ実際には設けられていない。なお,1996年国連海洋法条約発効に伴い,ハンブルクに国際海洋法裁判所が設置された。…

※「中米司法裁判所」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

中米司法裁判所の関連キーワードアンティグアグアテマラコスタリカCACM中央アメリカ連邦グアテマラシティーグアテマラの週末グアテマラ[市]アンティグア・グアテマラグアテマラ総督領

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone