コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中野友礼 なかの とものり

3件 の用語解説(中野友礼の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中野友礼 なかの-とものり

1887-1965 大正-昭和時代前期の実業家。
明治20年2月1日生まれ。京都帝大助手のとき中野式食塩電解法の特許をとる。大正9年日本曹達(ソーダ)を創立,のち日曹コンツェルンをきずきあげた。昭和40年12月10日死去。78歳。福島県出身。第一高等学校臨時中等教員養成所卒。旧姓は神尾。著作に「これからの事業これからの経営」。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

なかのとものり【中野友礼】

1887~1965) 企業家。日曹コンツェルンの創立者。福島県生まれ。京大卒。中野式食塩電解法を発明。1920年(大正9)日本曹達を設立、以後鉱業・鉄鋼・人絹・パルプ部門などに進出し日曹コンツェルンを形成。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

中野友礼
なかのとものり
(1887―1965)

日曹コンツェルンの創設者。福島県出身。名は「ゆうれい」とも読む。1908年(明治41)第一高等学校中等教員養成所を卒業後、京都帝国大学理学部助手に就職、そこで中野式食塩電解法を発明、わが国の電解法ソーダのパイオニアとなった。15年(大正4)その特許をもとに磯村音介の程ヶ谷曹達(ソーダ)工場で技師長についたが、20年には独立して日本曹達(新潟県二本木)を創設。「技術の神様」たる中野は、カ性ソーダ、さらし粉、電気亜鉛などからしだいに一大電気化学コンビナートを発展させ、また巧みな株式操作をも駆使して、ほぼ37年(昭和12)ごろまでに新興財閥の一つたる日曹コンツェルンを築き上げるに至った。しかし飽くなき事業拡張欲や軍部との対立がたたり、40年末にはその社長の座を追われた。のち調査研究連盟常務理事、技術院顧問を歴任、第二次世界大戦後は冷凍製塩法の研究に没頭するなどした。[下谷政弘]
『中野友礼伝記刊行会編・刊『中野友礼伝』(1967)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の中野友礼の言及

【日曹コンツェルン】より

…昭和初期に台頭した新興コンツェルンの一つ。第1次世界大戦後の1920年に中野友礼(とものり)が日本曹達株式会社を設立し,みずからが京都帝大研究室で研究した電解法技術を採用して塩を原料に苛性ソーダ生産に着手したことに始まる。早くから副産物の塩素からさらし粉,塩酸を生産するとともに,電解技術を利用して金属ナトリウム製造など金属製錬部門にも進出したが,金輸出再禁止後のソーダ工業の活況に支えられて,34年ごろから急速に事業の多角化を展開した。…

※「中野友礼」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

中野友礼の関連キーワードアニオン電着塗装東京芸術大学120周年雑誌言文一致塩竈(市)中央公論石山雄大スズキフロンテ800W3火星探査機

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone