コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中野秀人 なかの ひでと

2件 の用語解説(中野秀人の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中野秀人 なかの-ひでと

1898-1966 大正-昭和時代の詩人,画家。
明治31年5月17日生まれ。中野正剛(せいごう)の弟。大正9年プロレタリア文学評論「第四階級の文学」を発表。昭和15年花田清輝(きよてる)らと「文化組織」を創刊。戦後も前衛的な創作活動をつづけた。昭和41年5月13日死去。67歳。福岡県出身。早大中退。詩集に「聖歌隊」,小説に「精霊の家」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

中野秀人
なかのひでと
(1898―1966)

詩人、評論家、劇作家。福岡市生まれ。政治家中野正剛(せいごう)の弟。早稲田(わせだ)大学中退。1920年(大正9)に評論『第四階級の文学』で文壇に登場し、プロレタリア文学理論の先駆となったほか、前衛的な小説や戯曲を発表した。イギリス、フランスへの留学を経て、戦時中は花田清輝(きよてる)らと『文化組織』を創刊、これを芸術的抵抗の拠点とし、活躍は戦後に及んだ。詩集『聖歌隊』(1938)、『中野秀人散文自選集』(1941)などに加え、画集や童話集もある。[宗像和重]
『『中野秀人全詩集』(1968・思潮社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

中野秀人の関連キーワード井上康文伊福部隆輝上田敏雄加藤一夫木村好子国木田虎雄熊田精華沢ゆきドン ザッキー正富汪洋

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone