コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中野秀人 なかの ひでと

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中野秀人 なかの-ひでと

1898-1966 大正-昭和時代の詩人,画家。
明治31年5月17日生まれ。中野正剛(せいごう)の弟。大正9年プロレタリア文学評論「第四階級の文学」を発表。昭和15年花田清輝(きよてる)らと「文化組織」を創刊。戦後も前衛的な創作活動をつづけた。昭和41年5月13日死去。67歳。福岡県出身。早大中退。詩集に「聖歌隊」,小説に「精霊の家」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

中野秀人
なかのひでと
(1898―1966)

詩人、評論家、劇作家。福岡市生まれ。政治家中野正剛(せいごう)の弟。早稲田(わせだ)大学中退。1920年(大正9)に評論『第四階級の文学』で文壇に登場し、プロレタリア文学理論の先駆となったほか、前衛的な小説や戯曲を発表した。イギリス、フランスへの留学を経て、戦時中は花田清輝(きよてる)らと『文化組織』を創刊、これを芸術的抵抗の拠点とし、活躍は戦後に及んだ。詩集『聖歌隊』(1938)、『中野秀人散文自選集』(1941)などに加え、画集や童話集もある。[宗像和重]
『『中野秀人全詩集』(1968・思潮社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

中野秀人の関連キーワード中野 正剛花田 清輝中野 秀人昭和時代

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android