コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中頓別町 なかとんべつ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

中頓別〔町〕
なかとんべつ

北海道北部,頓別川の中流域にある町。 1949年町制。地名はアイヌ語のトウウンベツ (沼から出る川の意) に由来。明治末期に砂金が発見され,1916年の鉄道開通後本格的な開拓が進んだ。頓別川河谷を中心に牧草地の造成が進み,酪農が行われる。北部の旭台には中頓別鍾乳洞がある。国道 275号線が町域中央を縦断。面積 398.51km2。人口 1757(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

中頓別町の関連キーワード北海道枝幸郡中頓別町小頓別ピンネシリオートキャンプ場北海道枝幸郡中頓別町松音知北海道枝幸郡中頓別町上頓別北海道枝幸郡中頓別町中頓別北海道枝幸郡中頓別町敏音知北海道枝幸郡中頓別町藤井北海道枝幸郡中頓別町旭台北海道枝幸郡中頓別町豊平北オホーツク道立自然公園北海道枝幸郡中頓別町神崎北海道枝幸郡中頓別町豊泉北海道枝幸郡中頓別町兵安北海道枝幸郡中頓別町秋田北海道枝幸郡中頓別町岩手北海道枝幸郡中頓別町弥生北海道枝幸郡中頓別町上駒北海道枝幸郡中頓別町寿北海道枝幸郡中頓別町栄中頓別町寿スキー場

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

中頓別町の関連情報