コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中﨟 チュウロウ

デジタル大辞泉の解説

ちゅう‐ろう〔‐ラフ〕【中×﨟】

出家受戒後の安居(あんご)の功を積んだ年数によって上・中・下と分けた、その中位に位する者。
平安時代、後宮に仕える女官で、内侍でない者。上﨟小上﨟の下、下﨟の上。中﨟女房
室町時代、武家の奥向きに奉仕する女中。御中(おなか)。
江戸時代、幕府の大奥に仕えた女中で、上﨟年寄などの下。また、大名奥女中をもさす。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の中﨟の言及

【中老】より

…江戸幕府の職制には中老はないが,若年寄が語義の上ではこれに相当する。また江戸幕府大奥の女中に,年寄の次の役として中﨟(ちゆうろう)があった(﨟は年功という意で老と大差ない)。諸大名家でも家老の次の格の大身の家臣を中老と呼ぶことがあり,町や村でも年寄と若い者の中間の年齢階梯にある者を中老と呼んだ地方もあった。…

【女房】より

…上皇以下諸院宮や摂関以下貴族の家に仕える女性も,上級の者は女房と称された。順徳天皇撰の《禁秘抄》などによれば,宮中の女房は,役職や出身によって上﨟・小上﨟・中﨟・下﨟に分けられ,上﨟は二位・三位の典侍(ないしのすけ)(尚侍(ないしのかみ)は事実上消滅)や大臣の女など,小上﨟は公卿の女,中﨟は掌侍・命婦(みようぶ)で殿上人・諸大夫の女,下﨟は侍や神官などの女であり,これらの区別により服装や職務に差が設けられた。また女房は本名をもってよばれず,官名や国名などをつけてよばれたが,それにも上記の身分に応じて差があった。…

※「中﨟」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

中﨟の関連キーワード小上臈・小上﨟・小上臘臈・﨟・臘御中・御腹江戸時代長屋和彰上衆めく引き入る室町時代湯坐拓也平安時代奥向き胴上げ表使命婦幕府後宮安居御中女官武家

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

中﨟の関連情報