コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

丸山豊 まるやま ゆたか

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

丸山豊 まるやま-ゆたか

1915-1989 昭和時代の医師,詩人。
大正4年3月30日生まれ。昭和15年陸軍軍医として応召。戦後,福岡県久留米(くるめ)市に丸山病院を開業。22年から詩誌「母音」を主宰し,谷川雁(がん),松永伍一らに活躍の場を提供した。平成元年8月8日死去。74歳。九州医専(現久留米大)卒。詩集に「地下水」,随筆集に「月白の道」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

丸山豊の関連キーワード合唱組曲筑後川まど・みちお水上 多世伊藤 信吉谷川俊太郎高良留美子文月悠光丸山 豊昭和時代森崎和江文学賞

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

丸山豊の関連情報