丹波布(読み)たんばぬの

世界大百科事典 第2版の解説

たんばぬの【丹波布】

手紡綿糸を使い,筋糸に絹糸を入れてざっくりと織った綿織物。兵庫県氷上郡青垣佐治さじ)で織られ佐治木綿と呼ばれていたが,大正末~昭和初期に民芸家たちによって丹波布と名づけられた。すべて植物染料を用い,茶を主体にと緑,ねずみ,黄で構成する縞,格子柄である。糸の形状と色調が合致した風雅さは定評があり,夜具座布団(ざぶとん)や民芸品として好まれている。明治末期ごろ,紡績糸織物の影響で影をひそめたが,1955年ころから復元され保存会を中心に生産が続けられている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

丹波布[染織]
たんばぬの

近畿地方、兵庫県の地域ブランド。
丹波市で製作されている。江戸時代末期に始まり、明治時代末期までは佐治木綿と呼ばれた。縦糸のつまみ糸を入れるのが特徴。藍・・こぶななどの植物染料を用いた草木染。すべて手作業で製作される。兵庫県伝統的工芸品。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

たんば‐ぬの【丹波布】

〘名〙 丹波国で織り出される布地。目のあらい麻布で、酒袋などの袋物に用いる。
※俳諧・鷹筑波(1638)五「おもたくあるかもつたんば布 大なるつぼの袋やぬいぬらん〈幸親〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

感染症指定医療機関

感染症予防法で規定されている感染症の中で、危険性が高く特別な対応が必要な感染症の患者を治療する医療施設。特定感染症指定医療機関(1・2類感染症および新感染症患者)、第一種感染症指定医療機関(1・2類感...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android