コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

丹波布 たんばぬの

1件 の用語解説(丹波布の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

たんばぬの【丹波布】

手紡綿糸を使い,筋糸に絹糸を入れてざっくりと織った綿縞織物。兵庫県氷上郡青垣町佐治(さじ)で織られ佐治木綿と呼ばれていたが,大正末~昭和初期に民芸家たちによって丹波布と名づけられた。すべて植物染料を用い,茶を主体に藍と緑,ねずみ,黄で構成する縞,格子柄である。糸の形状と色調が合致した風雅さは定評があり,夜具,座布団(ざぶとん)や民芸品として好まれている。明治末期ごろ,紡績糸織物の影響で影をひそめたが,1955年ころから復元され保存会を中心に生産が続けられている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

丹波布の関連キーワード糸入り金モール銀モール透綾だっそ縮緬半紡木綿錦糸入り縞京華織山吹織

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone