コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

丹波布 たんばぬの

世界大百科事典 第2版の解説

たんばぬの【丹波布】

手紡綿糸を使い,筋糸に絹糸を入れてざっくりと織った綿縞織物。兵庫県氷上郡青垣佐治(さじ)で織られ佐治木綿と呼ばれていたが,大正末~昭和初期に民芸家たちによって丹波布と名づけられた。すべて植物染料を用い,茶を主体に藍と緑,ねずみ,黄で構成する縞,格子柄である。糸の形状と色調が合致した風雅さは定評があり,夜具,座布団(ざぶとん)や民芸品として好まれている。明治末期ごろ,紡績糸織物の影響で影をひそめたが,1955年ころから復元され保存会を中心に生産が続けられている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

丹波布[染織]
たんばぬの

近畿地方、兵庫県の地域ブランド。
丹波市で製作されている。江戸時代末期に始まり、明治時代末期までは佐治木綿と呼ばれた。縦糸に絹のつまみ糸を入れるのが特徴。藍・栗の皮・こぶな草などの植物染料を用いた草木染。すべて手作業で製作される。兵庫県伝統的工芸品。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

丹波布の関連キーワード兵庫県丹波市青垣町西芦田丹波(市)近畿地方丹波市

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android