コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

主権論争 しゅけんろんそう

世界大百科事典 第2版の解説

しゅけんろんそう【主権論争】

日本近代史上主権論争といわれるものとして,次の三つがある。(1)自由民権期に行われた主権の概念と所在をめぐる論争。主権問題は私擬憲法作成運動のなかで注目されるようになり,1881年9月の熊本の紫溟会主旨書,82年1月の《東京日日新聞》社説〈主権論〉,3月の立憲帝政党綱領などの天皇主権説の公表に対し,民権派が新聞・雑誌上で批判を加え,また民権派相互間でも批判しあうかたちで論争が行われた。イギリス型の立憲君主制を是とする立憲改進党系の論者は総じて〈主権は君主と人民の間にあり〉とし議会主権説などを主張。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android